タバコ増税で1.5円の"便乗値上げ"!? メーカー・生産者に焼け太りの可能性

タバコ増税で1.5円の"便乗値上げ"!? メーカー・生産者に焼け太りの可能性
一本あたり5円も値上げだなんて、<br />オチオチ貰いタバコもできません。

 先日、鳩山政権がに来年度中にタバコを1本当たり約5円値上げする方針を固めたが、実は、5円という値上げ分のうち、純粋な税金の増加分は3.5円で、1.5円はメーカーなどの取り分になるのだという。それって増税に便乗してメーカーも値上げするということなのか? 1.5円割り増しの理由について財務省に聞いてみると......。

 財務省主計局総務課の担当者は「1.5円という数字は、まだ確定したものではありませんが、考え方として、増税による値上げで需要全体が減ることが予想されるタバコメーカーや生産者などが被る損失を補うというものです」と説明する。つまり、政府の都合で減る売り上げを補填するというワケだ。

 ちなみに、過去のタバコの値上げについて、「1本当たり1円という形でしか行ってきていない」(財務省担当者)というが、実は、その純増税分は0.82円でしかなく、0.18円は同じくな"損失補填分"だったのだという。

 となると、今回の5円分のうち1.5円という数字は、比率的に過去の補填分よりも高く、相当な需要減を予測しているということにもなりそうだ。どのくらい需要が減る見通しなのかを問うと、「それについては公表できるような数字は持っていません」という。

 担当者は、3.5円や1.5円という数字は、あくまで暫定的な見通しで、実際にいくらになるのか「詳細はこれから詰めていくことになります」とも強調していたが、要するに、どのくらいの需要減になるかは不明だが、過去に比べて値上げ幅が大きいだけにメーカーや生産者は、これまで以上の損になる、と政府は見ているということだ。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年12月25日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。