最後の豪傑!? 「世界のサカモト」坂本龍一の奔放人生
拡大する(全1枚)
『CHASM』ワーナーミュージックジャパン

 世界を舞台に活躍する音楽家、坂本龍一。才能もさることながら、独特なキャラクターの持ち主でもあり、その言動は音楽業界で常に話題の的となっている。

 特に有名なのは、華麗な女性遍歴だ。前妻・矢野顕子を含め、2度の離婚歴を持つ坂本には、当然のように夫婦関係以外の熱愛エピソードも多い。

「最近、自身のピアノコンサートで共演したべテラン歌手Oとは一昔前に付き合っており、同棲経験もあるというのは有名な話です。また80年代には、レコード会社のエレベータ内で、個性派パンク歌手Tを半ば強引に組み伏したという話も、業界内でまことしやかに語られています」(レーベル関係者)

 坂本がかつてプロデュースを手掛けていた女優・歌手のNとも、一時は男女の関係にあったと言われている。

「レズ説のあるNが他の女性と交わるのを、坂本さんが楽しそうに眺めていた、なんて話も聞いたことがあります。坂本さんは面食いではないんですが、才能のある女性には特に入れ込む傾向があるようですね」(前出・関係者)

 女性関係以外にも逸話は多い。野外フェスティバルが盛んな昨今では、坂本も大きなイベントに出演する機会が増えている。楽屋でくつろぐ彼を目撃したイベント関係者が苦笑しながら語る。

「日本を代表する大物ロックバンドが演奏中で、バックステージも大いに盛り上がっている時でした。坂本さんの楽屋をチラッと覗くと、坂本さんは大きな耳栓をして、ステージから聴こえてくる音を完全にブロック。PCに向かい、ひたすらメールを打っていました。"嫌いな音楽には一切触れない"という噂は本当だったんですね」