全米"オシャレ番長"ズーイー、見参! 草食系に捧ぐ『(500日)のサマー』

全米"オシャレ番長"ズーイー、見参! 草食系に捧ぐ『(500日)のサマー』
"運命の恋"を信じる理想家のトムと、"運命の恋"なんて信じない<br />現実主義のサマーが恋をしたらどんな結果が待っている?個性派女優<br />ズーイー・デシャネルの魅力が炸裂した恋愛コメディ『(500日)のサマー』<br />(c)2009Twentieth Century Fox

 新春を飾るご機嫌な恋愛コメディとして注目したいのが、ズーイー・デシャネル主演『(500日)のサマー』。『アメリ』(01)のようにポップな映像でもって、『アニー・ホール』(77)のような恋愛における男女の温度差をシニカルに見つめたもの。米国のラブコメというとケンカ別れした男女が仲直りしてメデタシメデタシという能天気なエンディングと決まっていたが、本作は太陽のように眩しい女の子サマー(ズーイー)に振られちまった主人公が、サマーと出会ってから別れるまでの(500日)を反芻するというストーリーなのだ。

 こう説明すると、非常に後ろ向きな展開に感じるだろうが、男と女が甘い蜜月を過ごすのはごく限られた日数。そこらへんの恋愛事情をリアルに描きつつ、恋の痛みを知った草食系男子が、理想の恋人との夢のような恋愛を経験したことで、次のステージへと進んでいくまでをミュージカルシーンやアニメーションを交えてユーモラスに描いている。

 とにかく、サマー役のズーイーがめっちゃキュートだ。主人公のトムならずとも、映画を観た人は男女を問わず、吸い込まれるような青い瞳をしたズーイーの奔放な魅力に惹き付けられるに違いない。ジム・キャリーと共演した自己啓発コメディ『イエスマン』(08)で、ズーイーは前衛ロックバンドのボーカリストという不思議ちゃんを演じていたが、今回もカラオケ大会でチャーミングな歌声を披露する。その歌いっぷりに、またトムは惚れ込むわけだが、それもそのはず。実際にズーイーは個性派女優として活躍する一方、音楽ユニット「シー&ヒム」でも活動しており、2008年に発表したデビューアルバム『Volume One』は全米でスマッシュヒット。ファッションセンスの良さでも同性からの支持が高く、インディーズ出身の大物バンド「デス・キャブ・フォー・キューティー」のフロントマン、ベン・ギバードと交際し、それまでブサメン系だったベンがこぎれいに変身したことで、ますます彼女の好感度はアップ。ズーイーの全米での人気はかなりのものなのだ。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2010年1月5日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら