テレビ不況ここに極まる!? 年末年始番組「タレント途中退席」の裏事情

 年末年始の特番を観ているとき、なんとなく違和感を覚えたのは、数々の番組で登場した「○○さんは次の仕事があるので、ここで退席(退場)となります」といった感じのフレーズ。
 
 108組の芸人が108のネタを披露する『お笑いDynamite!09』(12月29放送/TBS系)などは、審査員が途中退場&前半・後半入れ替わるのが恒例となっており、途中退席した岡江久美子の代わりに夫・大和田獏が来るという珍事(?)があった。これはちゃんと笑いになっていたけれど、同番組に限らず、ひな壇のゲストや若手の芸人などが途中退席してしまうという番組は、最近あちこちで見られるような気がする。

 かつては「番組途中で帰る人」というと、『NHK紅白歌合戦』やTBS『ザ・ベストテン』などの生放送において、労働基準法の関係で早退せざるを得なかった歌手のケースを思い出す程度。

 一体いつから、なぜ、「番組の早退」がOKになったんだろうか。

 「テレビ業界も不況ですから、どうしてもタレントさんのほうが強くなっているというのはあるかもしれません。もちろん局や番組、スタッフによって、また、事務所との付き合いによっても違うと思いますが」と話すのは、ある民放社員。

 また、バラエティー関係の放送作家は、近年、途中退席が増えている理由として、間接的ではあるが「特番の長時間化があるのでは?」と指摘する。

 「かつては特番というと、2時間程度が普通で、今のように4~5時間もの番組はありませんでしたよね。生放送であれば、2つの番組分拘束することにもなってしまいますから」


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2010年1月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。