「検察による言論弾圧か!?」週刊朝日編集長"検察から出頭命令"騒動の裏側

 先週、「『週刊朝日』の山口一臣編集長に東京地検から、(事情聴取のための)出頭要請があった」「捜査妨害で逮捕されるらしい......」といった情報がインターネット上を駆け巡り、大変な騒ぎになった。

 ことの発端は、「週刊朝日」2月12日号でジャーナリストの上杉隆氏が書いた「検察の暴走ここまで 子ども"人質"に『恫喝』10時間」という記事。

 そこには、東京地検特捜部の民野(たみの)健治検事が、逮捕された石川知裕議員の若い女性秘書に「押収品の返還があるから」とウソをついて呼び出し、夜の10時過ぎまで大声で怒鳴ったり、なじり続けたとある。女性秘書は子育て中で2人の子どもを保育園に預けている。そのお迎えの時刻になっても、民野検事は電話1本させず、秘書はパニック状態になり、精神に不安定をきたしてしまったのだという。

 しかも、この女性秘書は被疑者でもなんでもない、事件とはまったく無関係の人であるにもかかわらず、民野検事は執拗に、「なんでもいいから、認めればいいんだよ」「早く帰りたいなら、早く認めて楽になれよ」などと罵声を浴びせ、女性が子どものお迎えがあるので、せめて電話させてほしいと懇願すると、「なに言っちゃってんの。そんなに人生、甘くないでしょ」などと言い放った、というのである。

 この記事に対して、東京地検の谷川恒太次席検事が2月3日午前に、事実と違うことが書いてあるので抗議したいという理由で、「山口編集長にこちら(東京地検)へ来ていただけますか?」と「週刊朝日」編集部に電話をしてきた。しかし、山口編集長は、たまたま地方出張中で顔を出すことができなかった。代わりに、極めて独善的な「抗議書」がファックスで届いたのだった。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年2月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。