「世間の評価なんて期待していない」ブログ市長が「紙」で暴く民主主義の幻想とは!?

 ブログを駆使した過激発言で地元メディアから「独裁者」と罵られ、世間から激しいバッシングの嵐にさらされている"ブログ市長"こと、鹿児島県阿久根市長の竹原信一氏。選挙中におけるブログ更新と公職選挙法違反による書類送検、「辞めさせたい議員アンケート」の実施、職員給与全面公開、二度の市長不信任決議、労働組合事務所の退去命令発動、職員の人件費を記した貼り紙をはがした職員の懲戒免職、防災無線を使ったマスコミ批判演説、講演会での"障害者発言"......。

 2008年の市長選初当選以来、竹原市長が残した"爪あと"は常に物議を醸してきた。特に、09年12月に福岡市で行われた講演会での障害者に関する発言は、「障害者の出生を否定」「命の重さを踏みにじる発言」「差別意識も甚だしい!」と世間から大批判を浴び、ネット上の巨大掲示板は祭り騒ぎに、市役所には苦情のメールや電話が殺到した。

 そんな大暴れの竹原市長が、このほど『独裁者"ブログ市長"の革命』(扶桑社)という、そのまんまの(?)タイトルの本を上梓した。独裁者のブログ市長が、次は紙で吠えるのか? メディア嫌いといわれる竹原市長に関係者を通して、電話インタビューに成功。暴れまくり、叩かれまくる市長の本音を聞いた。

──ここまで叩かれると、さすがに心が折れたりしませんか?

竹原信一市長(以下、竹原) 全然平気です(サラっと)。最初から命を捨てる覚悟で始めたことですから。世間的な評価なんて期待していませんよ。私自身を理解してもらう必要なんてないんですから。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年2月18日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。