「ボクには"ともだち"の心情が分かる。カルト社会は特別なことじゃないですよ」

「ボクには"ともだち"の心情が分かる。カルト社会は特別なことじゃないですよ」
第1章39.5億円、第2章30.1億円、最終章43億円突破という<br />興収を弾き出した『20世紀少年』三部作の堤幸彦監督。<br />「興行的には一応の成功と言っていい数字が残せ、ほっとしています。<br />演出に関しては、観た方によっていろいろとご意見、<br />ご感想があるかと思いますが(笑)」

 高度経済成長期以降の日本社会を総括した壮大なストーリー、累計2,800万部に及ぶ浦沢直樹の大ベストセラーコミックの映像化、総製作費60億円、台詞のあるキャストだけで300人、原作とは異なるエンディングなど、さまざまな話題を呼んだ映画『20世紀少年』三部作。この一大プロジェクトの現場指揮を執ってきたのが堤幸監督だ。「自分は芸術家ではなく、商業監督」と自称する堤監督だが、当然ながら映像の中にはビジネスだけでは割り切れない生々しい情感が込められている。劇場未公開シーンを盛り込んだDVD『20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗』が2月24日(水)にリリースされるのに続き、『トリック』『BECK』の劇場公開も控える"超売れっ子"堤監督が日刊サイゾーに初登場。三部作が完した今、思いの丈を語ってくれた。

──三部作合わせて総製作費60億円というバジェットの大きさが話題になりました。

堤幸彦監督(以下、堤) 大作中の大作、持てる力を全て振り絞った作品ですね。表現の方向性が多種多様にわたっていました。世代性、国際性、近未来を含む時代性と、ひとつの作品の中にさまざまな要素が入っていたので、そりゃ~、楽しかったです。

──大変ではなく、楽しかった?

堤 えぇ、楽しかった。これ以上の大作は、もうやることはないと思うんで(笑)。

──撮影だけで10カ月間。ずっとホテル暮らしですか?

堤 ロケが多かったんで、日本各地をちょこちょこ回っていました。愛知県常滑市(ケンヂたちの少年時代)や栃木県宇都宮市や岩舟町(近未来シーン)とか。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年2月16日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。