大混戦! お笑い評論家・ラリー遠田の「R-1ぐらんぷり」展開予想

大混戦! お笑い評論家・ラリー遠田の「R-1ぐらんぷり」展開予想
「R-1グランプリ」公式ページより

 2月11日、ピン芸日本一を決めるお笑いイベント「R-1ぐらんぷり2010」の決勝進出者が発表された。決勝にストレートに駒を進めたのは、Gたかし、我人祥太、いとうあさこ川島明麒麟)、なだぎ武(ザ・プラン9)、あべこうじエハラマサヒロバカリズムの8名。

 そして、2月21日には、惜しくも準決勝で敗れた10名のピン芸人が、たった1つの敗者復活枠を懸けて争う「サバイバルステージ」が行われた。ここで見事に勝ち抜いたのは、フリップ芸の使い手として名高いCOWCOW山田與志。観客審査で圧倒的な得点を叩き出し、3年連続の決勝進出を決めた。彼を加えた計9名が、2月23日の決勝戦で優勝の栄冠と賞金500万円を目指して争うことになる。

 今年のR-1の決勝進出者の顔ぶれを見ると、2つの傾向が浮かび上がってくる。1つは、イラストや文字の書かれたフリップを使って笑いを取る、いわゆる「フリップ芸」の増加である。今回決勝に進んだ芸人のうち約半数が、準決勝でフリップ芸を披露していた。決勝進出者のネタの傾向がここまで偏るのは珍しい。

 フリップ芸は、フリップで情報を補足できるため、分かりやすくて万人受けしやすいという特徴がある。また、テレビでネタをやるときには、フリップそのものを大きく映すこともできるため、もともとテレビ向きの芸であるとも言えるのだ。

 R-1ではこれまでにも、フリップ芸の達人が結果を残してきた。昨年の大会でも、COWCOW山田與志はテニスの得点表示を模したフリップを活用して爆笑を取っていたし、バカリズムの「地理バカ先生」という斬新な発想のフリップ芸も衝撃を与えた。恐らく、そんな過去の審査傾向も踏まえて、フリップを使って自分なりのスタイルを作り上げた芸人たちが決勝進出の切符をつかんだということなのだろう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

いとうあさこのプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2010年2月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ブルゾンちえみ」のニュース

次に読みたい関連記事「ブルゾンちえみ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「渡辺直美」のニュース

次に読みたい関連記事「渡辺直美」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「志村けん」のニュース

次に読みたい関連記事「志村けん」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら