エイベックスが社運を掛けた"新人"ICONIQ 早くも「大コケ」が顕在化!?
拡大する(全1枚)
『CHANGE MYSELF』rhythm zone

 昨年末、鳴り物入りでデビューを果たした新人アーティストICONIQ。エイベックスが会社を上げて売り出している同アーティストの先行きが、早くも危ぶまれている。

 ICONIQは昨年12月、EXILEのATSUSHIとのコラボ曲で華々しくデビュー。丸刈りの美女という鮮烈なビジュアルが話題をさらい、デビュー直後から資生堂マキアージュのCMに出演したことや、「JJ」(光文社)や「an・an」(マガジンハウス)など、人気女性誌12誌のカバーを飾ったことでも注目を集めた。そんななか、先日発売されたデビュー・アルバムは、オリコン初登場3位となったが、この状況は「とても好調とは言い難い」と、業界関係者は口を揃える。

「多数の雑誌の表紙を飾るために、一誌あたり50~200万の広告費を投下したようです。さらに、着うたダウンロード順位を上げる"買い占め戦略"に使ったお金や、街中の大型ビジョンでPVを流す予算なども含めると、彼女のプロモーション費用は億単位に上るでしょう。これでアルバムの売り上げが4万枚強では、大コケしたと言わざるを得ない。同社では、女優の歌手デビューということで社内でも期待されていなかった北乃きいが、シングルを3万枚売り上げていますからね」(レコード会社関係者)

 さらに、広告費だけではなく彼女の"ボディ"にもお金がかかっているという話もある。かつてはアイドルグループの一員として活動し、ICONIQとしての再デビューに際して、キュートなイメージを一新させた彼女。当時を知る関係者は、その変貌ぶりに驚く。