「書かれて困る女じゃない」ビートたけし 久々の「フライデー」にも泰然自若

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 ビートたけしこと北野武が、久々に写真誌「フライデー」4月9日号(講談社)におねえちゃんとのツーショットを撮られた。

 フランスの文化勲章とも言われる、芸術文化勲章の最高章「コマンドール」を受賞したたけし。3月11日から開催されている「カルティエ現代美術財団」の個展ためにパリに滞在中だったが、帰国して数日経った日に、西麻布のイタリアレストランで女性と食事を終え、車に乗るところをフライデーされたのだ。

 直後に、親しい「フライデー」のスタッフから「たけしさんと女性が一緒にいるところの写真を偶然に撮ったんですが、恋人ですか?」という確認の電話が入った。日頃から、公私にわたりたけしと付き合いのある筆者は、即座に「彼女とは2年くらい前に別れているし、新しい彼女ができたという話も聞かないから、恋人じゃないと思うよ」と否定した。

 「フライデー」といえば、1986年の12月に起こったたけしの「フライデー襲撃事件」を思い出す。当時、交際していた21歳の専門学校生のRさんに、同誌は執拗なまでに行き過ぎた取材をした。そして、彼女の家族にまでおよぶ取材にブチキレたたけしは、たけし軍団を引き連れて、芸人人生を捨てる覚悟で編集部に乗り込んだのだ。

 当時、「フライデー」の契約記者だったAは、たけしに取り入って、四谷三丁目にあった居酒屋「北野家」に出入りし、ただ酒を食らいながら、たけしの身辺の情報を入手していた。ところがAは、たけしを裏切って、専門学校生やその家族にまで、今でいうストーカーまがいの取材をしたのである。それに対して、たけしは怒ったのだ。もちろん、暴力行為はいただけないが、たけしの心中は察するにあまった。Aの行動は記者として恥ずべき行為だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ビートたけし 事故
ビートたけしのプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2010年4月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ビートたけし + 事故」のおすすめ記事

「ビートたけし + 事故」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バカリズム」のニュース

次に読みたい関連記事「バカリズム」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。