芸能界の"ドン"は言うまでもなく、有名スポーツ選手から文化人、さらにはハリウッド俳優まで幅広い人脈を持つ"芸能界の暴れん坊"こと、Zプロモーション宮西渡社長。幼稚園中退、前科×犯、だけど曲がったコトが大嫌いな社長が芸能生活50周年を迎える今年、これまで封印してきたあんな話やこんな話を、"バチーン"と暴露しちゃうぞ!

 兵どもが夢の跡......浮かんでは消え、消えては浮かぶ、魑魅魍魎たちが跋扈する芸能界を、半世紀にわたって生き抜いたZプロモーションの宮西渡社長。ここまでの連載で語ってきたように、誰からも愛される天真爛漫な人柄は、芸能関係者のみならず、政界、裏社会からも不思議と多くの人望を集めてきた。その中でも、今回は宮西渡という魅力に集まった百花繚乱の蝶たちについて筆を進めよう。

「ん? 今日は女の話が聞きたいって? コレまで関係を持ったのは1,500~1,700人くらいなんじゃないかな。え、嘘じゃないよ! バカ言ってんじゃないよ!! 50~60カ国くらい訪れているからね。自分としては普通だと思っているけど、一般的にはちょっと多いって感じじゃない?」

 ハッタリではない──。宮西渡のモットーは「真っすぐ」「ブレない」。それはなにも仕事だけの話でない。女性に対しても同様だ。これまで"伴侶"として連れ添った女性は3人いたが、一晩しか寝ていない女性に対しても同質の愛を注いだ。

「愛を持って愛を制す。ハハハ、愛を持って接すれば、向こうも愛を持って迎えてくれるんだよ」


この記事の画像

「ベッドの上でも暴れん坊!? 芸能界の名物社長が懐古する若き国民的女優との"禁断の恋"」の画像1 「ベッドの上でも暴れん坊!? 芸能界の名物社長が懐古する若き国民的女優との"禁断の恋"」の画像2