セクシー・タレント、グラビアアイドルたちによって構成される「恵比寿マスカッツ」とMCのおぎやはぎが、毎回お色気満点のお笑い企画で日本の深夜を「スカッ」とさせてくれるバラエティ番組『ちょいとマスカット』(毎週月曜26:00よりテレビ東京他で放送中)。その前身番組となる『おねだり!! マスカット』のDVDのリリースが決定した。

 今回は「恵比寿マスカッツ」のリーダーを務める「番組の元気印」麻美ゆまちゃんと、「ミラクルガール」Rioちゃんに突撃インタビューを敢行! 番組の魅力と、ウラ話を教えてくださ~い!!

──今回リリースされる『おねだり!! マスカット エヘヘ編』で「おねマス」DVDも3本目。放送自体も、3年目に突入して人気絶好調って感じですね! こんなに番組が長く続くと思ってましたか?

麻美 思ってなかったですよ~。

Rio 最初(お話が)来たときは、ちょっといちゃついてHなことをしてすぐに終わるんだろうなと思ってたし(笑)。

麻美 本当にびっくりですよね。

──今までの放送で一番印象的だったエピソードって何ですか?

Rio う~ん、どれも楽しい出来事ばかりなんですよね。バラエティ番組! って感じがしたのは、みんなでコントとか、歌合戦をやった時かな。

かつらを付けたりとか。

麻美 そう! 私も武藤(敬司)さんのモノマネやったよね! こんな経験なかなかできないなって事ばっかりです(笑)。

──その他には番組で「恵比寿マスカッツ」というユニットを結成して、オリジナル曲『バナナ・マンゴー・ハイスクール』が誕生しましたよね。

麻美 ダンスレッスンとか、練習がすごく大変だったんですけど、やっぱり曲ができた時は嬉しかったです。

Rio カラオケとかに行くと、みんなで踊っちゃったりするしね(笑)。

麻美 もう(ダンスが)身についちゃった。

自然にいつでもどこでも踊れますよ!

──『おねだり!!マスカット』の魅力って、普段グラビアなどでは見れないセクシー・アイドルの皆さんの素顔だと思うんですよね。

Rio 私たちもこんな一面があるんだって気付かされてます。

麻美 私も昔からよく泣いていたんですが、こんなに感情の起伏が激しいとか全然知らなくて(笑)。私が泣きキャラになったのが、Rioっちが歌った福山雅治さんの『Squall』を聴いて、何でもないところで泣いたところからなんですよ。

Rio 本当に突然泣き始めたんだよね。

麻美 後はみっひー(みひろ)さんの『ゴースト~ニューヨークの幻』の演技を見て感動しちゃって。

それで泣いた時に、おぎやはぎさんたちが笑ってお笑いになるとか......。自分たちがわからない所が、これって「面白いんだ」って気付かされてます。

Rio 普段自分でも気づかないキャラがどんどん開発されていってるんです(笑)。

──DVDの見所を、ズバリ! 教えてください。

麻美 やっぱり肝試しかな~。『おねマス』史上唯一の外ロケだったので。

Rio 私たちは見る側だったんですけど、何人かがお化けに変装してるんです。教室で泣いてたり、オバQの格好したりとか......。

──今後、番組でどんなことをやってみたいですか?

麻美 私、ロケにまた行きたい。

Rio 行きたいねー。

麻美 後は運動会とかしたいな。出演者が多いので、それを生かした競技的なものをしたいですね。

それで、みんなが考えた企画とか持ち寄ってやりたい。

Rio あははは、それ怖い(笑)。

麻美 それぞれ自由に研究発表会みたいなことしたいですね。

Rio 私はあっきーさん(吉沢明歩)にまた肝試しをやってほしいなあ。予想もできないあっきーさんが見れるということで、そこもお薦めです(笑)。

麻美 DVDを見ながら一緒にドッキリして欲しいよね(笑)。

──そういえば先日参議院選挙がありましたが、番組リーダーの麻美さんがもし国のリーダーの総理大臣になったら、どうやって日本を元気にしてくれますか?

麻美 えーっ(笑)! とにかく元気にいきたいですよね。笑顔があればどうにかなって、景気も良くなるよって思います!

Rio だよね。

──番組のタイトル通り、「スカっと!」って感じですね。

麻美&Rio ですね(笑)。

 ということで、日本のケンゼンな男子諸君を「スカっと!」元気にしてくれる、DVD「おねだり!!マスカット エヘヘ編」は7月21日発売です!
(取材・文=有田シュン[株式会社n3o])



【関連記事】
「ドス黒いエロス」大久保佳代子の果てなき野望とOLを続ける理由
"演技派AV女優"吉沢明歩の「私が肌を見せられるワケ」
現役ディレクターが吼える「テレビバラエティは死んだか」