清純派・佐藤寛子が美しく"変態"! 官能サスペンス『ヌードの夜──』
拡大する(全3枚)
歪んだ家庭で育ったれん(佐藤寛子)は、棄てられたネオンを拾ってきては
修理するロマンチストの紅次郎(竹中直人)に次第に惹かれていく。
(c)2010「ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う」製作委員会

 プニプニとした幼虫が美しくも妖しい成虫へと脱皮していく様に見とれてしまうような魅力が、『ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う』にはある。中学・高校で生徒会長を務め、清純派グラビアアイドルとして活躍した佐藤寛子が"元生徒会長""清純派"という殻を脱ぎ捨て、大人の女優へと艶やかに"変態"してく姿を、『花と蛇』(03)、『人が人を愛することのどうしようもなさ』(07)の石井隆監督がカメラで舐め回すようにじっくりと撮り上げている。芸能界はもちろん、現実社会でもいつまでも清純派、優等生のままではいられない。泥水をすする覚悟と社会悪に対する免疫を身に付けていかないと、自分の思うようには生きていけない。そんな汚物だらけのドブ川のほとりで佐藤寛子演じる石井ワールドのニューヒロイン・れんは蛹から孵化し、広い空へ羽ばたいていくチャンスをうかがっている。

 『ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う』は、小劇場出身の余貴美子が名美役を大熱演した前作『ヌードの夜』(93)から7年後という設定だ。"何でも代行屋"の紅次郎、こと村木(竹中直人)は名美に一度は騙されながらも名美の悲惨な境遇に同情して、男の純情を捧げた過去を持つ。だが、もう名美はこの世にはいない。心の中に大きな空洞を抱えたまま生きながらえてきた紅次郎の前に、可憐な少女の面影を残すれん(佐藤寛子)が現れる。れんの依頼は「父の遺灰を散骨した際に、大事な形見のロレックスも落としてしまった。捜してほしい」というもの。富士の樹海から腕時計を探し出せという無茶な案件だったが、紅次郎は運命の悪戯か腕時計を見つけ出してしまう。紅次郎をすっかり信頼したれんは、再び仕事を依頼する。かつて自分が世話になった女性"たえ"が今どうしているのか調べてほしいと。樹海捜査に比べれば楽な仕事かと思いきや、夜のネオン街を尋ね歩いても、なかなか"たえ"の消息はつかめない。ようやく紅次郎は彼女の手掛かりを得るが、それは人間の心の闇へとつながる地獄の扉の鍵だったのだ。


この記事の画像

「清純派・佐藤寛子が美しく"変態"! 官能サスペンス『ヌードの夜──』」の画像1 「清純派・佐藤寛子が美しく"変態"! 官能サスペンス『ヌードの夜──』」の画像2 「清純派・佐藤寛子が美しく"変態"! 官能サスペンス『ヌードの夜──』」の画像3