自己破産から年商15億の企業家へ ヤンキー社長は元いじめられっ子

自己破産から年商15億の企業家へ ヤンキー社長は元いじめられっ子

 この世にゴマンといる社長の中でも、強いリーダーシップと独自の経営哲学を持ち、人生においても異彩を放ってきた企業のトップの声を聞いていくインタビュー企画。今回登場するのは、30年ちょっとの人生で、いじめられっ子→ヤンキー→自己破産→ベンチャー社長、と紆余曲折を味わったモバイル広告代理店の社長。若き茶髪のリーダーは、リベンジ精神を糧に、いじめられた過去や自己破産というどん底状態を腕っ節ひとつで清算してきた。年商15億円への道のりにあったものとは?

 * * *

 今思えば、よく自殺しなかったと思いますよ。もっとも、自殺という選択肢をよく知らなかっただけで、今みたいに新聞やテレビで子どもの自殺が連日報じられていたら、真似して僕も死んでいたかもしれないですね」

 年商15億円のモバイル広告代理店「アユプロジェクト」の社長・田中忠幸氏は、中学校3年間にわたる壮絶ないじめ体験をそう振り返る。

 三重県四日市で生まれ育った田中少年は、幼くして両親が離婚しながらも、外装工職人の父に育てられながら明るく育つ。

「小学校では人気者。でも、中学では、教室で騒ぐ僕にイラつく奴もいたみたい。その連中がタッグを組んで無視を始めた。何を言っても笑ってくれない。いつのまにか教室の空気全体が変わっていました」

 バスケット部では部員全員からボールをぶつけられる日が続き、夏前には退部。自転車は毎日ひっくり返され、サドルも抜かれてどこかへ捨てられた。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2010年9月1日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。