次長課長 変幻自在のオールラウンダー河本を生かす、井上の「受け止めるツッコミ」

次長課長 変幻自在のオールラウンダー河本を生かす、井上の「受け止めるツッコミ」
拡大する(全1枚)
次長課長河本準一の何でしたっけ?
郷篇』(よしもとアール・アンド・シー)

 すい炎が原因で休養に入っていた次長課長の河本準一が、11月2日の生放送番組『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に出演して復帰を果たした。河本は10月6日に都内の病院に入院。すい炎と診断され、治療に専念していた。復帰に際して、河本は「このたび無事に退院することができました。ご心配、ご迷惑をおかけしました。今後ともよろしくお願いいたします」とコメントを発表していた。

 次長課長の河本準一は、お笑い界屈指のオールラウンド・プレイヤーである。『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)では、主に自分の母親や姉などの家族にまつわるエピソードを披露して、初期の同番組を盛り上げたキーパーソンの一人だった。また、ホスト時代に身につけたタンバリン芸、個性的な声質を生かしたものまね芸など、何をやっても器用にこなすお笑い的な身体能力の高さがある。水木しげる漫画の登場人物を思わせる顔つきが、情けなさと哀愁を醸し出して、彼の芸を一段と魅力的なものに見せている。

 さらに言えば、人付き合いがよく社交性があり、複雑な生い立ちでありながらそれを明るく笑い飛ばす割り切りがあるということも、芸人としての彼の資質を語る上で外せない要素だ。

 もちろん、本業であるコントを演じているときにこそ、河本は最も輝きを放つ。つかみどころのないキャラクターと、予期せぬ展開に向かう自在なボケ。「カンジュップンからコンジュップン」「下田のイジメは過去に前例がない」など、妙に耳に残る一撃必殺のフレーズの破壊力もある。


編集部おすすめ
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「次長課長」に関する記事

「次長課長」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「次長課長」の記事

次に読みたい「次長課長」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク