「自信をなくしている」田村正和の"挫折" 繊細な演技のウラにある苦悩とは?

「自信をなくしている」田村正和の"挫折" 繊細な演技のウラにある苦悩とは?
拡大する(全1枚)
『古畑任三郎FINAL 今、甦る死』
(ポニーキャニオン)

 『ニューヨーク恋物語』『古畑任三郎』(フジテレビ系)などで知られ、ドラマ界に唯一無二の存在感を誇る田村正和。11月26、27日には同局で松本清張原作の2夜連続ドラマ『球形の荒野』を控える田村が、脚本家・君塚良一、演出家の永山耕三と共にトーク番組『ボクらの時代』(同局系)に出演。2007年の『SmaSTATION』(テレビ朝日系)以来、3年ぶりのドラマ以外のテレビ番組出演で、俳優としての挫折経験や、名優・阪東妻三郎の息子として生まれたが故の苦悩を告白した。

「俳優を始めて、親の七光りで松竹が主演映画を数本用意してくれていた。僕はそれがどんなにありがたいことか分かってなくて、とりあえず台詞だけは覚えて現場に行って、皆さんに迷惑かけないことだけ考えていたから、そんな状態で面白い映画ができるわけがない。それでダメになって、テレビに移った」

 高校在学中から俳優としてキャリアをスタートさせるも、当初は「とりあえず」で始めたと明かした田村。テレビの世界に移るも、文学座や劇団民藝などの劇団出身俳優との共演を通して、「自分は恥ずかしい。これじゃだめだな」と思ったという。そんな田村はそれを挫折だと認め、当時を「単に自分が怠け者だった」と振り返り、NHK大河ドラマの第1作目である『花の生涯』にも出演したが、「僕が田村正和の友達だったら『お前向いてないからやめろよ』と助言したくなるほどひどかった」とも回顧した。そこから自らを戒め、現在がある田村だが、昨今の自身の演技への取り組みについては、こう述懐した。


当時の記事を読む

田村正和のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「田村正和」に関する記事

「田村正和」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「田村正和」の記事

次に読みたい「田村正和」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク