麒麟 5度の決勝進出が「M-1グランプリの申し子」をどう変えたか

麒麟 5度の決勝進出が「M-1グランプリの申し子」をどう変えたか
『かわしまんざいたむらいぶ』
(よしもとアール・アンド・シー)

 12月12日、「M-1グランプリ2010」の準決勝が東京・両国国技館で行われ、決勝メンバー8組が決定した。また、M-1という大会そのものが今年で幕を下ろすということも発表された。

 過去にM-1に出場した人の中には、何度も決勝の舞台に上がった経験を持ち、常にM-1と共に語られるような芸人がいる。2001年の第1回大会以来、通算5回の決勝進出を果たした麒麟は、その代表格だ。

 第1回のM-1で、麒麟が審査員や視聴者に与えた衝撃は大きかった。中川家ますだおかだなど、そこそこ名の知られた実力派芸人が並ぶ決勝メンバーの中で、芸歴4年、ほぼ無名の麒麟は異様な存在感を放っていた。彼らはこの舞台で守りに入らず、堂々と大博打を打った。わずか4分のネタの前半で伏線を張って、後半でそれを回収するという手の込んだ構成の漫才を演じたのだ。

 技術的に未熟な部分も目立ち、点数はあまり伸びなかったが、審査員の1人である松本人志は「僕は今まででいちばん良かったですね」と激賞。このときに確かな手応えを得た彼らは以後、M-1の常連となっていく。

 毎年M-1に挑み、実績を重ねながら、彼らは少しずつ自分たちの漫才スタイルを作り上げていった。それは、川島明が渋い声質を生かしたナレーションや効果音を発して話を進めて、その設定に田村裕が入り込んでいく、というもの。川島が言葉で作り上げた世界の中で、田村は川島に導かれるようにして動き回り、おかしな指令が出るとツッコミという形で不満を漏らす。それは、意志を持った操り人形と人形師が織り成す奇妙なコンビネーションのようだった。この漫才では、「麒麟です」のフレーズでも知られる川島の重低音ボイスと、田村の憎めないキャラクターが最大限に生かされていた。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2010年12月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「千鳥」のニュース

次に読みたい関連記事「千鳥」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「博多華丸・大吉」のニュース

次に読みたい関連記事「博多華丸・大吉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジャングルポケット」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャングルポケット」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。