『龍馬伝』平均視聴率トップならず! 2010年の連続ドラマを総決算!

『龍馬伝』平均視聴率トップならず! 2010年の連続ドラマを総決算!
テレビ朝日『相棒season9』公式サイトより

 不況のあおりを受け、低予算番組が数多く生み出された2010年のテレビ業界。しかしそんな状況下でも"連続ドラマ"に関しては、各局が威厳を保つべく知恵を振り絞り、情熱と大金を注ぎ続けているのだとか。それを裏付けるかのように、2010年の流行語大賞には「ゲゲゲの~」「モテキ」「●●ぜよ!」とドラマ関連語が相次ぎノミネート。ドラマの影響力が改めて提示された年となった。というわけで、2010年に放送された連続ドラマを振り返ってみたい。

■平均視聴率1位は『龍馬伝』ではなく、あの刑事ドラマ!

 最高平均視聴率を叩き出した連続ドラマは、『大河ドラマ 龍馬伝』(NHK)の18.7%......ではなく、シリーズ10周年を迎える『相棒season9』(テレビ朝日系)の19.7%。放送を見ていない人にとっては「なぜ、この地味なドラマが!?」と理解に苦しむところだが、ファン曰く『相棒』シリーズには中毒性があるのだとか。昨年に水谷豊の相棒が寺脇康文から及川光博に変わりますますの人気を見せる同作は、今やテレビ朝日にとって、『ドラえもん』に続く看板番組となっている。

 2位の『龍馬伝』は、最終回の"龍馬暗殺シーン"の山場で「愛媛県知事選 新人の中村時広氏 当選確実」というテロップが福山雅治に乗っかってしまい、NHKに苦情が殺到。その後、視聴者がリベンジに燃えていた再放送でも、重要なシーンで「東北新幹線 運転再開」のテロップが出てしまうというミラクルが起きた。これにより、来年3月にリリースされるDVDの売り上げが上がるとの見方もあり、一部の視聴者はテロップ二連続に対し「わざと?」と不信感をにじませているとか。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2010年12月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。