『爆笑問題のツーショット』に見る、太田光の"3種類のボケ"とは?

『爆笑問題のツーショット』に見る、太田光の"3種類のボケ"とは?

 2011年1月26日、DVD『2011年度版 漫才 爆笑問題のツーショット~2010年総決算~』が発売される。2010年のニュースや出来事を題材にして、爆笑問題の2人が長い漫才をノンストップで演じている。彼らはここ数年、テレビの仕事で多忙を極めているが、漫才の腕はいまだに衰えていない。田中が話題を振って、太田がちょっかいを出すようにボケを挟んでいくスタイルは健在だ。このDVDを見れば、2010年の1年間をじっくり振り返りながら彼らの漫才を堪能することができる。

 それにしても、爆笑問題の漫才はなぜこんなに面白いのだろうか? デビュー以来20年以上にわたるキャリアの中で、彼らはほぼ一貫して時事ネタ中心の漫才を貫いている。これだけ時代を経ても、その魅力が色あせないのはなぜなのだろうか? その大きな理由としては、太田の繰り出すボケが実に多彩であるということが挙げられる。

 爆笑問題の漫才における太田のボケには、大きく分けて3つの種類がある。それは、「シンプルボケ」「毒舌ボケ」「ナンセンスボケ」の3つだ。ひとつひとつ順番に解説していこう。

 シンプルボケとは、文字通り単純でオーソドックスなギャグのこと。これは、彼らの漫才において最も基本的なものだ。田中が時事ネタの話題を振ると、手始めに太田はシンプルボケを繰り出す。そこで様子を見ながら、次の展開を探っていくのである。いわば、シンプルボケとは、ボクシングでいうところのジャブ。観客との間合いを測り、漫才を組み立てる基盤となるものだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2010年12月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「おぎやはぎ」のニュース

次に読みたい関連記事「おぎやはぎ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バナナマン」のニュース

次に読みたい関連記事「バナナマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「石橋貴明」のニュース

次に読みたい関連記事「石橋貴明」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。