キレ味、喉ごしが違うアクション! 黒帯美少女の"涙拳"が炸裂『KG』
拡大する(全3枚)
ノーワイヤーで宙を舞う"カラテガール"こと武田梨奈。
スカートを覗こうとするヤツは容赦しないぞ!(c)2011 東映ビデオ アマゾンラテルナ

 現役女子高生ながら空手の有段者という経歴を引っさげ、『ハイキック・ガール!』(09)で主演デビューを飾った武田梨奈。細身のボディから繰り出すキレのあるハイキック、スタントを一切使わない爽快感に満ちたガチンコファイトでアクション映画愛好家たちのハートの渇きをたちまち潤してみせた。志穂美悦子の引退以降、長きにわたって空位となっていた和製アクション女優の誕生だった。『ハイキック・ガール!』同様に全アクションシーンをノーワイヤー、ノーCG、ノースタントで撮影したのが、武田梨奈主演作第2弾『KG カラテガール』だ。前作以上の強敵や見せ場が用意されている。

 

 1991年6月生まれの武田梨奈の特技はヌンチャク。ネイルアートや英検じゃなくて、履歴書の特技欄はヌンチャクですよ! 空手歴は10歳から。父親が空手の大会で負けるのを見て、「私がお父さんのカタキをとる」との決意を抱き、空手道場に入門。プリクラやお菓子作りじゃなくて、敵討ちに情熱を捧げた10代ですよ! 現在、琉球少林流空手道月心会二段という黒帯保持者。痺れるようなプロフィールの持ち主じゃないですか。08年に映画プロデューサーの西冬彦氏に見出され、『ハイキッグ・ガール!』に初主演。同作の劇場公開時には生イベント"きみ、蹴られたいの? イクよ! 武田梨奈さんに蹴られたい人、集まれ~!!"と称して、観客の中から希望者にハイキックをプレゼントするというデンジャラスなファンサービスを敢行している。もちろん、参加者にはキックミットを持たせていたわけだが、彼女のハイキックを実際に浴びたファンは心身ともにジンジンと痺れまくった。


この記事の画像

「キレ味、喉ごしが違うアクション! 黒帯美少女の"涙拳"が炸裂『KG』」の画像1 「キレ味、喉ごしが違うアクション! 黒帯美少女の"涙拳"が炸裂『KG』」の画像2 「キレ味、喉ごしが違うアクション! 黒帯美少女の"涙拳"が炸裂『KG』」の画像3