『さよなら絶望先生』に連なる久米田康治の快作『かってに改蔵』がついにアニメ化!

『さよなら絶望先生』に連なる久米田康治の快作『かってに改蔵』がついにアニメ化!
拡大する(全2枚)
『かってに改蔵』アニメ版の声優を務めた堀江由衣(左)、櫻井孝宏(中)、
喜多村英梨(右)。

 あまりに尖すぎる社会風刺的ギャグから、映像化は困難と思われた『さよなら絶望先生』(講談社)が新房昭之監督×シャフトのタッグでアニメ化されてからはや三年半。その原点とも言うべき『かってに改蔵』(小学館)が、再びシャフトによりアニメ化されることが決定した! 原作者の久米田康治が講談社に移籍済みということで、そのへん大人の事情はどうなのかという気もするが、近頃激しくコラボする仲の「サンデー」と「マガジン」、このくらいの連携は朝飯前なのかも......。愛蔵版コミックスでも移籍の話をしていたし。

 さて、『かってに改蔵』は「週刊少年サンデー」(小学館)誌上で1998年から2004年にかけて連載された辛口のギャグマンガであり、05年から「週刊少年マガジン」(講談社)にて連載中の『さよなら絶望先生』の前作にあたる。時事性のある毒舌社会風刺や病的なキャラクター設定といった『さよなら絶望先生』との共通項が見受けられ、特に連載開始初期には下ネタがこれでもかと叫ばれ、独自の味わいを醸し出している。

 今回のアニメ化にあたっては新房昭之総監督、龍輪直征監督(『さよなら絶望先生』副監督)の布陣で臨むことが決定。原作の毒を弱めることのないシャフト節が期待できそうだ。

 2月18日発売の新装版コミックス第11巻につくドラマCDに引きつづき、櫻井孝宏(勝改蔵役)、喜多村英梨(名取羽美役)、斎藤千和(坪内地丹役)、豊崎愛生(彩園すず役)、堀江由衣(山田さん役)がメインキャストを担当している。


この記事の画像

「『さよなら絶望先生』に連なる久米田康治の快作『かってに改蔵』がついにアニメ化!」の画像1 「『さよなら絶望先生』に連なる久米田康治の快作『かってに改蔵』がついにアニメ化!」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

喜多村英梨のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク