「客が10人しか......」震災で舞台あいさつ延期の劇場版『SP』早くも赤字確定か

「客が10人しか......」震災で舞台あいさつ延期の劇場版『SP』早くも赤字確定か
映画『SP』公式サイトより

 未曾有の大震災は映画界にも大きな影響を及ぼしている。

 V6岡田准一堤真一らが出演する劇場版『SP 革命篇』は当初、震災翌日の12日に初日イベントを開催予定だった。前作の『野望篇』は30億円以上の興行収入を記録したヒット作。当然、フジテレビや配給元の東宝は「次は50億円突破だ!」と鼻息も荒かったが......。映画関係者は「震災が起きたことで、翌日に予定されていたキャスト勢ぞろいの初日舞台あいさつは中止になりました。また、震災による"自粛ムード"で客足も鈍いですね」と語る。

 数日前に都内の映画館で同作を見た人物によると「平日の夕方でしたが、客席には10人くらいしかいませんでした。人気作なのに悲しいことですよね......」という。

 震災から2週間が経過した26日、ようやく舞台あいさつが行われ、岡田は「これからは元気が大事だと思います。皆さまに少しでも笑顔になっていただけるように、『SP』がその力になれればと思っています」とコメント。堤も「自分自身の革命のために、この経験をいかしていきましょう」と呼び掛けた。

 ここからどれだけ巻き返せるかが重要になってくるが、前出の映画関係者の顔は暗い。

「もちろん、徐々に人も入っていくとは思いますが、公開期間中に震災前の活気に戻ることはないと思います。公開延長? それも議論していますが、延長するには億単位のお金が必要。傷口を広げることにもなりかねない。スタッフの中には、すでに映画はあきらめて『DVDで取り返そう』とこぼす人もいます」

 最終的な興行収入は「前作にも及ばず、15億円いけば御の字じゃないか。赤字は間違いないでしょう」(芸能プロ関係者)という。

 震災を受けて、公開の延期や中止が相次いでいる映画界。この危機を乗り越えることができるだろうか。



【関連記事】
劇場版『SP』エキストラのジャニーズファンまたも暴走で岡田准一が困惑中
チャリティーの一方で相次ぐ海外アーティストの来日キャンセル 洋楽業界は存亡の危機
「紙がない!」製紙工場被災と広告激減で出版界大倒産時代が来る!?

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岡田准一 ひらパー兄さん
  2. 岡田准一 ドラマ
  3. 岡田准一 宮崎あおい
岡田准一のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2011年3月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岡田准一 + 宮崎あおい」のおすすめ記事

「岡田准一 + 宮崎あおい」のおすすめ記事をもっと見る

「岡田准一 + 映画」のおすすめ記事

「岡田准一 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「生田斗真」のニュース

次に読みたい関連記事「生田斗真」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら