やはり『相棒』強し! キングコング・西野も大健闘!? 1月クールのドラマ総まとめ

やはり『相棒』強し! キングコング・西野も大健闘!? 1月クールのドラマ総まとめ
テレビ朝日『『相棒season9』公式サイトより

 このたびの東日本震災の影響で、ニュース番組の差し込みや、自粛による放送内容の変更など、対応に大わらわのテレビ各局。そんな状況で、1月クール(1~3月)の連ドラに関しては、番宣で大っぴらにあおることもできず、しめやかなムードの中で順次最終回を迎えていった。各ドラマの平均視聴率が出そろった今、2011年1月クールの連ドラを振り返ってみたい。

■トップは不動のあの刑事ドラマ! 視聴率上位は、長期放送作品が独占

 「連ドラは15%取れれば万々歳」と言われている昨今、平均視聴率21.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、前クールに引き続きトップを走るのが『相棒season9』(テレビ朝日系)。北川景子主演『LADY 最後の犯罪プロファイル』(TBS系)のように、初回は及第点(13.8%)でも、ある回では6%台まで下がってしまうような不安定な作品が多くある中、『相棒season9』の安定感はピカイチ。固定ファンのドラマに対する熱い思いの表れだろう。

 次点は、大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』(NHK総合)で、20.2%。放送前は、"プッツン女でおなじみの上野樹里が、現場でプッツンしないだろうか"などと業界内から心配の声も上がっていたが、外に漏れるようなトラブルもなく、視聴率も好調。このままいけば昨年の『龍馬伝』(同、18.7%)をも抜く勢いだ。そして、お好み焼き屋を舞台にしたホームドラマ『連続テレビ小説 てっぱん』(NHK総合)が17.2%でこれに続く。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2011年4月5日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「爆笑問題」のニュース

次に読みたい関連記事「爆笑問題」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有田哲平」のニュース

次に読みたい関連記事「有田哲平」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「おかずクラブ」のニュース

次に読みたい関連記事「おかずクラブ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。