長渕剛と恵比寿マスカッツの「夢の共演」で支援の輪を広げろ!

長渕剛と恵比寿マスカッツの「夢の共演」で支援の輪を広げろ!
ユニバーサルミュージック公式サイトより

 東日本大震災は芸能界にも大きな影響を与えている。

 歌手勢では「北国の春」でおなじみの"歌う借金王"千昌夫や、「みちのくひとり旅」の山本譲二、明るく前向きになれるヒット曲「三百六十五歩のマーチ」で知られる水前寺清子らに東北地方のテレビ&ラジオ局からオファーが殺到している。「ぜひ被災地で生で歌ってほしい」といった依頼は数限りない。

 が、ここでひとつ問題が発生した。ギャラだ。被災者や被災地域の組織相手にキャッシュをもらうわけにはいかず、結局ボランティアの域を出ない、タダ働きになってしまう。これには千も「つくづくこういう運命なんだな......金に縁がありません! でも、がんばる頑張るよ」と半ば開き直っているという。 

 大手レコード会社のユニバーサルミュージックも、被災地支援を始めた。同社は、4月2日からネット配信限定で、所属する邦楽アーティスト約80組を包括的にまとめたチャリティー・コンピレーションアルバム『アイのうた~東日本大震災チャリティ・アルバム』を発売。売り上げは義援金として日本赤十字社を通じて被災地に寄付されるというが、そこには長渕剛や福山雅治ら大物アーティストのヒット曲と一緒に、AV女優などで結成された「恵比寿マスカッツ」の曲も同列に扱われている。これには社内でも「快挙というかあり得ないというか......」と何とも言えない空気に包まれているという。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2011年4月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。