口座データが消滅! 職員が謎の退職!! ゆうちょ銀行のずさんなデータ管理が裁判沙汰に発展

 元職員の証言が正しければ、Aさん名義の口座は手元の4通の他にも複数存在する可能性が高い。二郎さんはそう考え、次にような行動に出た。

「証言にある定期口座などに加え、おそらく長男やその娘が使い込んだ口座が他にも複数存在していると確信を持ちました。仮に長男らが既に解約していたとしても、任意の日付を指定してデータの照会をかければ、過去に存在した口座が浮かび上がるはずです。残高のあるなしはともかく、まずはどんな口座がいくつあったか、事実を一つ一つ整理しようと考えました。そうでないと、父も浮かばれないと考えたんです」

 まず二郎さんは、平成20年12月に、「平成17年6月1日」と「平成18年2月1日」時点における(この日付はランダムに指定した)Aさん名義の口座の照会をかけてみた。返ってきたのは、[通帳【4】=残金538万8,494円]だけが存在したとの回答だった。

 諦めきれない二郎さんは翌月、今度は「平成16年1月10日」時点での照会をかけてみた。というのも、[通帳【1】]は平成16年12月に解約されてはいるものの、記帳記録を見る限り、平成16年1月10日の時点では約990万円を残してまだ存在しており、さらに、この時点では[通帳【4】]も約590万円を残して存在していた(画像参照)。つまり、「平成16年1月10日」を基準とした照会に対しては、少なくとも[【1】]と[【4】]の2つの口座の存在が確認できるはずである。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2011年8月15日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。