新宿の劇場に通い詰める名物男が語る2011年、本当に面白かった邦画・洋画

新宿の劇場に通い詰める名物男が語る2011年、本当に面白かった邦画・洋画
生きたアウトサイダーアート"新宿タイガー"。新聞配達の傍ら、新宿で公開された映画はほぼ全部観ている熱心な映画ファンだ。

 いろいろあり過ぎた2011年の日本。東日本大震災の影響もあり、日本映画界の年間興収は平年の2,000億円ラインを大きく割り込み、1,800億円台が予測されている。大ヒット作も生まれず、映画関係者には厳しい年の瀬となっている。こんなときこそ、明るいヒーローに登場してもらおう。新宿きっての名物男・新宿タイガーの出番である。新宿の歓楽街一帯に毎日、朝刊・夕刊を配り続けている日本一有名な新聞配達員。すさみがちな世の中を少しでも明るくしようと、夜店で買ったタイガーマスクのお面を被って配達を続け、はや40年となる。日々、新聞配達や集金に汗を流す一方、週末・祝日には新宿界隈の映画館をミニシアター、シネコン問わずハシゴする大変な映画マニアでもある。「年間何本観ているかは数えてないから分からないけど、新宿の映画館でロードショー公開される映画はほぼ観ている」「人気女優の舞台挨拶があるときは、朝刊を配り終えた後、花束を持って劇場に駆け付ける」というから、映画に注ぐ情熱はハンパない。新宿タイガーに2011年に観た映画を振り返ってもらった。

タイガー 日本もいろいろあったけど、オレもいろいろあったよ。2010年の暮れから起きた"タイガーマスク運動"のときは、マスコミからずいぶんコメントを求められたしね。それに、生まれて初めて映画のチラシ用のコメントを書いたんだよ。新宿武蔵野館で7月に公開された『スーパー!』。これは面白いなんてもんじゃなくて、スゴい映画だった。新宿武蔵野館には新聞を届けているんだけど、劇場スタッフから頼まれてね、公開前にDVDを見せてもらったんだ。『キック・アス』(10)みたいなヒーローもののコメディなんだけど、平凡な男が愛のためにスーパーな力を発揮するというストーリーがいいよ。世界は救えないけど、自分の愛する女性は体を張って守り抜くというね。身近な幸せから、まず守ろうってことだよね。愛なくして人生なし、ですよ。これって映画の永遠のテーマ。『美女と野獣』(46)の世界ですよ。命懸けでクスリ漬けになった自分の女房を助け出すんだけど、主人公は女房を拘束することなく自由にする。これぞ"無償の愛"。泣けるよ~。

...続きを読む

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2011年12月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。