新宿の劇場に通い詰める名物男が語る2011年、本当に面白かった邦画・洋画

新宿タイガーにとって他人事ではない、等身大のヒーローが活躍する『スーパー!』。埋もれた傑作だ。

 『スーパー!』はDVDを借りて観たそうだが、いつもは自腹でチケットを購入してスクリーンで映画を楽しむ。映画館にきちんとチケット代を払うことが映画文化を守ることになるからだ。映画は女優で選ぶ、面白い映画は何度でも劇場に通う。それも客席の最前列で、映画の世界に没頭しながら観る。それが新宿タイガーの流儀である。

タイガー 今年、いちばん観たのはナタリー・ポートマンの『ブラック・スワン』。これは、来た来た来た! 8回観に行ったよ。そのくらいナタリー・ポートマンの演技にハマった。ナタリー・ポートマンは『レオン』(94)から出演作は全部観ているけど、『ブラック・スワン』は彼女のために書かれた脚本だし、彼女のために作られた映画だよ。演出家から「お前は黒鳥にはなれない」と言われたナタリー・ポートマンは、だんだん現実と幻覚の区別がつかなくなっていくの。それでライバルのダンサーと一緒にLSDやったり、超レズったりしちゃう。あのナタリー・ポートマンが、あそこまでサービスしてくれるんだからね、スゴいよ。オレは美女に会うために映画館に通ってるわけだけど、8回も観たのはこの1年ではこれだけだね。

新宿タイガーのエネルギー源は、映画を観ること。どんな映画でも面白い部分があるし、美女が出ていれば大満足だそうだ。

 『ブラック・スワン』の8回鑑賞には及ばないが、美女をこよなく愛する新宿タイガーをその気にさせた邦画は、吉高由里子主演の『婚前特急』と長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子が競演した『モテキ』。それぞれ4回劇場に通ったそうだ。ちなみに『モテキ』の大根仁監督とは昔から顔なじみとのこと。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年12月31日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。