新宿の劇場に通い詰める名物男が語る2011年、本当に面白かった邦画・洋画

 この後も、園子温監督の『冷たい熱帯魚』『恋の罪』でテアトル新宿が大変な熱気に包まれていたこと、『恋する幼虫』(03)がテアトル新宿で公開された頃から観ていた井口昇監督の新作『電人ザボーガー』がシネコンで上映されていて感慨深かったこと、西島秀俊が殴られ屋を演じた『CUT』での顔面変形ぶりがスゴかったこと、アニメ『映画けいおん!』も面白かったこと......と映画の話題は2時間以上話していても尽きなかった。これから忘年会に行くというタイガーに、もうひとつ聞いておきたい質問があった。新聞配達員である新宿タイガーは、2011年3月12日の朝刊をどんな心持ちで配ったのだろうか。

タイガー 3月11日はね、ちょうどこれから夕刊を配ろうとしていたら、突然、目の前の景色がグラグラ揺れ出したから、めまいだなと最初は思ったんだ。そうしたら、ビルからどんどん人が出てきて、ようやく大地震だと分かった。新宿駅周辺は人が溢れ返っていて大変だったけど、何とかその日の夕刊は配り終わってね。次の日の朝刊も、少しだけ遅れたけど、しっかり配ったよ。新聞の一面を見て言葉を失ったけど、ああいうときこそ平常心が大切だと思ったね。

 雨の日も雪の日も、震災のときも、新宿タイガーとしての"正装"で新聞を配り続ける。新宿の虎は走ることをやめない。

タイガー どんなに暗いニュースでも、この格好で配ることで少しは明るくなるんじゃないの? 今の時代は自然災害に原発事故、テロ、政治家の離合集散......と何が起きるか分からない世の中。そんなときこそ、夢や希望を持つことが大事。オレはさ、新聞を配っているだけでなくて、街のみんなに愛やロマンも一緒に伝えて回っているんだよ。美女と映画がある限り、オレは元気。これからも、この街でずっと走り続けるよ。
(取材・文=長野辰次)


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年12月31日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。