西新宿・早朝の凶行 芸能界に太いパイプを持つ被害者が襲撃された現場と背景ーー

何かが狂ってしまった現代社会。毎日のようにニュースに流れる凶悪事件は尽きることを知らない。そして、いつしか人々はすべてを忘れ去り、同じ過ちを繰り返してゆく......。数多くある事件のなかでも、未だ犯人・被疑者の捕まっていない"未解決事件"を追う犯罪糾弾コラム。 

第19回
西新宿五丁目・集団リンチ殺人事件
(2008年3月)

 90年代以降の再開発により、高層ビルが林立する西新宿。1日の乗降客数が日本で最も多い新宿駅から、青梅街道を西に車で10分ほど移動すると、十二社通りを境としてガラリと雰囲気が変わり、昔ながらの住宅地域が現れるのをご存じだろうか。西新宿五丁目──新宿方向に望む高層ビルが無ければ、昭和に逆戻りしたかと錯覚してしまいそうな景観の街並みである。付近を流れる神田川にかかった淀橋を渡れば、すぐに中野区という位置関係だ。

 2008年3月16日午前4時過ぎ、この場所で韓国食材輸入業の金村剛弘さん(当時32歳)が数人の男に集団で暴行を受け、5日後の3月21日に脳挫傷のため死亡した。狭い路地に金村さんを追い込み、金属バットで執拗に殴打するという、あまりに残忍な犯行だった。

 襲撃された金村さんは普段から熱心にスポーツジムに通い、鍛え上げられた肉体を持っていた人物である。まさか、暴行事件の被害者になるとは、誰も想像ができないような、極めて屈強な体つきだった。仕事面では父親の会社で韓国食材の輸入を手がけるほか、新宿歌舞伎町を中心にビルを複数所有し、女性専用サウナも経営する"ヤリ手"として知られていた。そして、何より金村さんが大勢の芸能人と親交があったことが、雑誌やインターネットなどのメディアの関心を誘い、それを目にした読者やユーザーから大きな注目を集めた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2012年1月2日の社会記事
「西新宿・早朝の凶行 芸能界に太いパイプを持つ被害者が襲撃された現場と背景ーー」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    リンチ殺人とくれば、やはり頭狂穢土人民腸汚癬共和国。

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。