広大なオーストラリアを舞台にした『アニマル・キングダム』は、ノンフィクションタッチのワイルドな映画だ。"野生の王国"といっても、かわいらしいカンガルーやコアラの親子の生態を追ったほのぼの系ドキュメンタリーではない。飢えたライオンやハイエナよりも、もっと凶暴な犯罪者ファミリーが登場する。タランティーノが2010年公開映画のベスト3に挙げたことからも分かるように、インディペンデント臭が濃厚に漂う良質のバイオレンス映画なのだ。ヘビメタ野郎のかっこうをした聖者による救済劇『メタルヘッド』(10)の脚本家として注目を集めたデヴィッド・ミショッドの監督デビュー作であり、1988年にメルボルンで警察官射殺事件を起こしながら無罪となったトレヴァー・ペティンギルとその家族がモデルとなっている。

 17歳のジョシュア(ジェームズ・フレッシュヴィル)は、ひどくボンクラな高校生だ。母親がヘロインの過剰摂取でリビングでぶっ倒れているのに気づいても、電話で救急車を呼ぶこと以外は何もできずにいる。救命隊が到着しても、ぼぉ~とテレビのクイズ番組を眺めているだけ。女手ひとつで自分を育ててくれた母親の葬式をどう行なえばいいのか分からず、ただオドオドするばかり。結局、ジョシュアはずっと疎遠状態だった祖母スマーフ(ジャッキー・ウィーヴァー)に連絡をして、すべてを任せる。久しぶりに会うスマーフは、大きくなった孫のジョシュアを愛おしそうに抱きしめてくれた。他に身寄りのないジョシュアは、スマーフ家の世話になる。スマーフの3人の息子たち=おじさんたちも明るくジョシュアを受け入れてくれた。母との慎ましい2人暮らしが長かったジョシュアは、スマーフ家のにぎやかな家庭生活が新鮮に映る。困ったときは、やっぱり血縁が頼りになるなぁとジョシュアはしみじみ思う。だが、ジョシュアのそんな考えは甘かった。スタバに並ぶ、どのスイーツよりも大甘だった。


この記事の画像

「犯罪者たちに学ぶ"人心掌握術"の奨め『アニマル・キングダム』『預言者』」の画像1 「犯罪者たちに学ぶ"人心掌握術"の奨め『アニマル・キングダム』『預言者』」の画像2 「犯罪者たちに学ぶ"人心掌握術"の奨め『アニマル・キングダム』『預言者』」の画像3