新宿署に"殺された"信助さんの冤罪事件を風化させないために考えるべきこと

新宿署に"殺された"信助さんの冤罪事件を風化させないために考えるべきこと
昨年12月で事件発生から早くも2年。裁判が始まってから10カ月が経とうとしているが、警察はいまだに"証拠"VTRを提出しようとしていない

 当サイトでも複数にわたり取り上げ、高い関心を呼んでいる「新宿署違法捜査自殺事件」(参考記事1)。違法捜査の疑いが強い警察対応が原因で一人の青年が自殺した同事件を背景に、この国が抱える警察と司法の構造的な問題を考える「繰り返される冤罪の背景 警察と司法の問題点を考えるシンポジウム」が2月4日(土)、東京都千代田区の「たんぽぽ舎」で開催される。

 大学職員の原田信助さんが、JR新宿駅構内で通りすがりの大学生グループに痴漢の容疑をかけられ、激しい暴行をうけた後に、新宿警察署の違法性の強い取り調べなどが原因で自らの命を絶ったのは2009年12月。警察はその1カ月後、被疑者死亡のまま迷惑防止条例違反(痴漢容疑)で信助さんを書類送検した。

 しかし、遺族の母・尚美さんらの懸命な調査の結果、被害者を名乗る女子学生が信助さんを犯人と「見間違えた」と警察に証言していたことがわかり、新宿警察署が証人もいないままに痴漢事件をねつ造し、新助さんを犯人にでっちあげて書類送検までしていた疑いが極めて強くなっている。

 母・尚美さんは、新宿警察署の捜査の過程に数々の違法行為があったとして、昨年4月に東京都を相手取り国賠訴訟を提起。公判は先の1月17日で4回目を終えたが、被告である警察は、信助さんを痴漢犯人と認定した証拠と主張する防犯カメラの映像を、原告側が再三にわたり提出を求めているにもかかわらず、いまだに応じようとしていない(参考記事2)。それどころか、その他の捜査関係書類についても「全て検察に送付済であるため、控えすら手元にない」との言い逃れに終始している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2012年1月31日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら