芸能界の"ドン"は言うまでもなく、有名スポーツ選手から文化人、さらにはハリウッド俳優まで幅広い人脈を持つ"芸能界の暴れん坊"こと、Zプロモーション宮西渡社長。幼稚園中退、前科×犯、だけど曲がったコトが大嫌いな社長が芸能生活50周年を迎える今年、これまで封印してきたあんな話やこんな話を、"バチーン"と暴露しちゃうぞ!!

 空風に包まれる、東洋随一の魔都・六本木――。遡ること2カ月前の1月7日、このコンクリートジャングルで1人の男が古希を迎えた。

 「グラビアの女王」「Vシネの女王」「セクシー女王」など数々の“女王”の称号を得た嶋村かおりをスターに押し上げた、日刊サイゾーではおなじみすぎて説明不要の、Zプロモーション代表取締役社長・宮西渡、である。同日、六本木某所のとあるビルでは、社長を慕う関係者が集まり、盛大に古希を祝う宴が催された。

「70歳からボクシングはもちろん、アッチもやるよ~」と、相変わらず飛ばしまくる暴れん坊。

 賢明な読者であれば覚えているだろう、過去、当連載において、宮西社長にまつわる数多くの武勇伝を記したことを。港区の摩天楼で行われた“リアルファイトクラブ”で、拳に吸い込まれた血量は、成人男性1人分のそれに匹敵する。古希を過ぎても鬼の血はたしかにMIYANISHIの中に息づいているのだ。

 話を戻そう。

 いつも以上にパワフルに会場内を闊歩していた宮西社長だが、彫りの深い端正な顔は、決して間接照明のせいではなく、深く陰っていた。それもそのはず、去る1月2日、宮西社長と長年親交のあった空手家、映画プロデューサー、そして作家といった多彩な顔を持つ真樹日佐夫氏が急性肺炎のため急逝したのだ。