元ハンセン病患者が語る激動の半生とジブリ作品に込められた宮崎駿の想い

 このハンセン病の問題に対し、別の角度から意識を持って取り組んでいる意外な人物がいる。スタジオジブリの宮崎駿だ。『千と千尋の神隠し』(2001)や『もののけ姫』(1997)などで、ハンセン病患者と思われるキャラクターを登場させている宮崎氏は、資料館にも足繁く通っており、佐川氏とも懇意にしている。

「普通に見たらわからないかもしれませんが、包帯でぐるぐる巻きの描写や、名前を取られてしまうといった設定はハンセン病患者そのものなんです。宮崎さんは記念碑や保育園を作ったときにもここに来ていただきましたし、寄付をいただいたこともあります。周囲に子どもがいるとサインをねだられて大変なんですよ」

 力強いサポーターの存在を武器に、ハンセン病に対する偏見に取り組む佐川氏。宮崎氏のほかにも国会議員をはじめとする要人と交渉しながら、これまで数万人以上の人々にハンセン病の現状を訴え続けてきた。

 では、そんな半生を、佐川氏はどのように思っているのだろうか?

「ハンセン病になったこともひとつの試練だったんだと思います。この病気になったから、いろいろな人とも知り合うことができ、活発に活動することが出来ました。子どもがいて、平凡な人生を送っていたらどうなってたかな……。考えないこともないけど、いまさら考えても仕方ないです」

 現在、多磨全生園では260人の入所者が暮らしている。平均年齢は現在84歳。およそ、あと20年もすぎればハンセン病の記憶は日本から消えていくだろう。だが、このままハンセン病を終わらせていいのだろうか。はたして、ハンセン病から日本の社会は何かを学ぶことができたのだろうか。その半生のほとんどを偏見にさらされた佐川氏は多磨全生園の自治会長として、とてもつつましい願いを語る。


この記事の画像

「元ハンセン病患者が語る激動の半生とジブリ作品に込められた宮崎駿の想い」の画像1 「元ハンセン病患者が語る激動の半生とジブリ作品に込められた宮崎駿の想い」の画像2 「元ハンセン病患者が語る激動の半生とジブリ作品に込められた宮崎駿の想い」の画像3
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「元ハンセン病患者が語る激動の半生とジブリ作品に込められた宮崎駿の想い」の みんなの反応 4
  • ごみ 通報

    この記事ってよくランキングに乗るけどそんなに需要な内容かな? 単なる、マクロ操作か何かの標的になっているだけの気もするけどねぇ。

    4
  • 匿名さん 通報

    ハンセン病患者や弱者への優生手術は人権侵害意外の何者でもない。現在に於いても尚、高出力レーザー攻撃等で故意に臓器を傷付けるCCW違反の防衛省、警察、地裁等の法曹が存在する。

    4
  • 匿名さん 通報

    現在の日本の優生政策は陰険でキューバのアメリカ大使館等より酷い人体実験が公然と実行されており、レーザー攻撃、音響兵器攻撃、暗殺が繰り返し行使されている。防衛省、警察、公安調査庁等CCW違反が酷い。

    3
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年3月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。