元ハンセン病患者が語る激動の半生とジブリ作品に込められた宮崎駿の想い

「現在残っている患者たちの終焉を見届けるつもりです。みんなが安心して生活をし、穏やかに死んでいけるよう、自治会長として頑張っていきたいですね」

 そのささやかな願いを勝ち取るために、佐川氏をはじめ、ハンセン病患者や元患者たちは想像を絶するほどの戦いを強いられてきた。ハンセン病の存在を隔離政策によって無視してきたように、その苦闘の歴史をわれわれはまだ直視できていないのではないだろうか。
(取材・文=萩原雄太[かもめマシーン])

●さがわ・おさむ
1929年、東京都生まれ。国立ハンセン病資料館運営委員。10代よりハンセン病療養施設に入所し、現在も多磨全生園に生活する。語り部として、自身の経験を講演しながら、これまでに数万人へハンセン病への理解を呼びかけている。2006年4月から多磨全生園入所者自治会会長。


【関連記事】
「誰のための自粛なの?」乙武洋匡の"不謹慎厨"に対する思いとは!?
「"差別用語"を使って何が悪い?」過剰な自主規制にモノ申す! 
「誰が小人を殺したか?」小人プロレスから見るこの国のかたち(前編)
創作期間25年の写真集『羯諦』写真家・山中学が焼き付ける「生と死の境界線」
「テレビは権威ではない」ものづくりを手放したキー局とローカル局の未来

この記事の画像

「元ハンセン病患者が語る激動の半生とジブリ作品に込められた宮崎駿の想い」の画像1 「元ハンセン病患者が語る激動の半生とジブリ作品に込められた宮崎駿の想い」の画像2 「元ハンセン病患者が語る激動の半生とジブリ作品に込められた宮崎駿の想い」の画像3
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「元ハンセン病患者が語る激動の半生とジブリ作品に込められた宮崎駿の想い」の みんなの反応 4
  • ごみ 通報

    この記事ってよくランキングに乗るけどそんなに需要な内容かな? 単なる、マクロ操作か何かの標的になっているだけの気もするけどねぇ。

    4
  • 匿名さん 通報

    ハンセン病患者や弱者への優生手術は人権侵害意外の何者でもない。現在に於いても尚、高出力レーザー攻撃等で故意に臓器を傷付けるCCW違反の防衛省、警察、地裁等の法曹が存在する。

    4
  • 匿名さん 通報

    現在の日本の優生政策は陰険でキューバのアメリカ大使館等より酷い人体実験が公然と実行されており、レーザー攻撃、音響兵器攻撃、暗殺が繰り返し行使されている。防衛省、警察、公安調査庁等CCW違反が酷い。

    3
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年3月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。