アダルト業界が‟呉越同舟” 知的財産保護という困難な航路に光明は?

アダルト業界が‟呉越同舟” 知的財産保護という困難な航路に光明は?
約260名の業界関係者が集った業界懇親会。思惑はさまざまだろうが、<br />知的財産の保護という点で一致団結しようという機運は感じ取れた。

 6月20日、違法ダウンロードを罰則化する著作権法改正案が可決・成立したわけだが、奇しくも同日、椿山荘(東京都・文京区)で知的財産の保護活動推進を目的とした「第一回 業界団体懇親会」が開催された。

 この”業界”とはアダルト業界である。アダルトコンテンツメーカー(AV、アダルトゲームなど)、レンタル店、販売店などで構成される業界団体(コンテンツ・ソフト協同組合、ビジュアルソフト・コンテンツ産業協同組合、日本映像ソフト制作・販売倫理機構、一般社団法人東日本コンテンツ・ソフト、全日本ビデオ倫理審査会)が知的財産の保護を目的に昨年5月、特定非営利活動法人「知的財産振興協会」(IPPA)を設立した。その第一回目の懇親会が開かれたという次第なのだが、そもそもメーカーの対立によって業界団体が乱立してきたという経緯がある。IPPAはまさに、“呉越同舟”。どのような会になるのか、期待と不安を抱きつつ、参加してきた。

 各企業・団体の挨拶では、販売店からメーカーへの苦言、あるいはレンタル店と販売店の微妙な関係、メーカー同士の皮肉が呈されるなど、ドキッとさせられる発言もあったのだが、いずれも冗談交じりで会場からは笑い声も。和やかなムードで会は進む。そんな中、本題の知的財産に関して、ある関係者はこんなことを語ってくれた。

「海賊版の売買、ネットでの動画の違法なアップロード、ダウンロードは本当に大きな痛手。だけど、いつまでたってもイタチごっこだし、対策しようにも費用対効果が薄い。立場上、あきらめているとは言えないけれど、正直、難しいだろうなというのが本音です」(メーカー)


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年6月25日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。