ジャズ歌手デビューの八代亜紀 地元・熊本での“隠し子&暴力団騒動”恐怖の顛末

ジャズ歌手デビューの八代亜紀 地元・熊本での“隠し子&暴力団騒動”恐怖の顛末
『ゴールデン☆ベスト』<br />(テイチクエンタテインメント)

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 かつて“演歌の女王”と呼ばれた八代亜紀が、ジャズ歌手として、10月10日にユニバーサル・ミュージックからアルバムを発表するという。その公開レコーディングが7月11日に行われたが、八代については、忘れたくても忘れられない思い出がある。

 八代は熊本県の中学を卒業後、上京。演歌歌手としてデビューする前は、銀座のクラブ歌手だった。その頃、後に日本レコード大賞の賞レースで“五八戦争”といわれてしのぎを削ることになる五木ひろしも、銀座のクラブで弾き語りをやっていた。

 八代は1971年にデビュー。その後、「なみだ恋」や「愛の終着駅」「舟唄」と次々にヒット曲を飛ばして、スターの座に上り詰めた。その頃に、親しい芸能関係者から「八代には上京する前、熊本県八代市のキャバレーで歌っていた時に、地元の人間との間にできた隠し子がいた」という信じられない情報を得て、裏取りのために単身、八代市に取材に向かった。そこで、八代が歌っていたというキャバレーの外観写真を撮っていると、いきなり暴力団風の数人の男に囲まれ、組事務所に連れていかれたことがあった。

 全員が見事な入れ墨。まるで東映のやくざ映画を見ているようだったが、事は深刻だった。「八代の“隠し子”がいるかどうか取材に来た」と話したら、筆者は3人の暴力団に囲まれて、廃墟となった工場に連れて行かれた。ビビりまくる筆者に、暴力団の一人は「廃工場では他組織からの攻撃に備えて、組員が特訓している」と説明をした。完全な威圧行為だったが、そこでは何もなかった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2012年7月13日の芸能総合記事
「ジャズ歌手デビューの八代亜紀 地元・熊本での“隠し子&暴力団騒動”恐怖の顛末」の みんなの反応 2
  • きゃろ 通報

    八代亜紀のいとこは 山口組と繋がりがある

    67
  • キジトラ 通報

    八代さんのジャズ聴いたけど良かったよ。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「坂本金八」のニュース

次に読みたい関連記事「坂本金八」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。