「メンバー」「司会者」とは違う!? NHKが逮捕時から内柴正人被告の肩書を“元選手”にしている理由

 NHKの「内柴正人元選手」も稲垣や紳助のケースと同様の“自主規制”かと思いきや、どうやらこちらはしっかりと同局の規定通りの報道だったようだ。

「『疑わしきは罰せず』ではないが、NHKは公共放送として国民の受信料で運営されていることもあり、刑が確定するまでは犯罪者扱いしないというのが建前。そのため、ニュース画面のテロップは『容疑者』や『被告』とはせず、『元社長』『元議員』など前職の肩書で扱い、アナウンサーがニュースを読み上げる時には『容疑者』や『被告』を使う。確かに、人権を配慮する意味ではバランスが取れていると思われるが、局の上層部は視聴者の違和感まで考慮していないようだ」(NHK関係者)

 犯罪者の人権を考慮したNHKからは判決確定まで「元選手」と呼ばれ続ける内柴被告だが、「複数の余罪もささやかれ、地元ではそのご乱行は有名だった」(先の記者)というだけに、果たして今後、身の潔白を証明することはできるのだろうか?

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2012年9月19日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「監禁」のニュース

次に読みたい関連記事「監禁」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。