計算尽くされた演出なのか、デタラメなのか……『水曜どうでしょう』はなぜ面白い?

計算尽くされた演出なのか、デタラメなのか……『水曜どうでしょう』はなぜ面白い?
『水曜どうでしょうDVD第17弾<br />「ヨーロッパ・リベンジ」』<br />(北海道テレビ)

 北海道のローカル番組としてスタートしながら、いつのまにか全国的な人気を集め、大泉洋ら出演者をスターダムに押し上げてしまった伝説的番組『水曜どうでしょう』。その勢いは今もまったく衰えを知らぬようで、DVDや関連本はことごとく大ヒット。2011年には、新作「原付日本列島制覇」を初めてオンデマンド配信し、史上最多のダウンロード数を記録した。

 もっともこの『どうでしょう』、あらためてどこが面白いのかと聞かれると、ほとんどの人は困ってしまうようだ。

「仲間内でだらだらやっているだけなんだけど、なんか面白い」「どこっていわれても、言葉で説明できない」「何回見ても面白い。でも、何回見てもどんな内容だったか覚えられない」

 ところが先日、この問いに答えを出そうとする本が出版された。『結局、どうして面白いのか ──「水曜どうでしょう」のしくみ』(フィルムアート社)。臨床心理学者であり『どうでしょう』ファンでもある著者・佐々木玲仁氏が、構造主義や記号論、さらには自分の専門である心理学の手法を動員して、その面白さを構造的に解き明かそうと試みた一冊だ。

 あのゆる~い番組がアカデミズム的分析の対象になるとはびっくりだが、この本にはもっと驚かされたことがある。

 ご存じのように『どうでしょう』には、大泉と鈴井貴之という2人の出演者のほかに、ディレクターの“藤やん”こと藤村忠寿と、カメラ担当の“うれしー”こと嬉野雅道が声で頻繁に登場。彼ら制作スタッフが出演者と掛け合いをすることで、番組の行き当たりばったりでデタラメな裏側まで見せてしまうというのがひとつの売りになっている。


あわせて読みたい

大泉洋のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大泉洋 + 北海道」のおすすめ記事

「大泉洋 + 北海道」のおすすめ記事をもっと見る

「大泉洋 + TEAM NACS」のおすすめ記事

「大泉洋 + TEAM NACS」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「阿部寛」のニュース

次に読みたい関連記事「阿部寛」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年9月26日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 大泉洋 TEAM NACS
  2. 大泉洋 ドラマ
  3. 大泉洋 北海道

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。