「“身体検査”は大丈夫……?」参院選に出馬濃厚な“タレント候補”嶋大輔・佐竹雅昭のキナ臭い話

「“身体検査”は大丈夫……?」参院選に出馬濃厚な“タレント候補”嶋大輔・佐竹雅昭のキナ臭い話
       

 7月の参院選まで3カ月を切り、与野党が著名人候補の擁立に動きだしたが、自民党は比例代表で“ツッパリキャラ”で知られる歌手の嶋大輔と、格闘技イベント・K-1で活躍した格闘家の佐竹雅昭の擁立を検討。日本維新の会は元日本テレビアナウンサー小倉淳を東京選挙区で擁立する方向で最終調整に入ったことが、各メディアで報じられた。

 そんな中、25日に都内で会見を開いた嶋は、「自分は不器用で(芸能と政治の)2つを一緒にできない。決断とは決めて断つこと。32年間いた芸能界を断って、次の夢に向かって歩きだす」などと芸能界を引退し、政治家へ転身すると表明。政治家を志す動機については、いじめ問題に取り組む中で「政治家は法律を作れる、という結論にたどり着いた」と説明したものの、参院選については「誘いを受けている政党はなく、出馬は白紙」と明言せず。

 嶋と親交があり、自民党に紹介したと報じられている元女優の三原じゅん子参院議員は26日付の自身のブログで「私が誘っただのとの報道は間違いだ」と断言。「嶋大輔氏は自分で決意したのだ」と嶋自身の決断であることを強調し、一気に自民の擁立ムードがトーンダウンしたが、嶋については以前からキナ臭い話が浮上しており、それがネックとなりそうだという。

「2年ほど前に一部週刊誌で、最高年利12%という高配当をエサに投資家から飲食店に対する投資を募る、暴力団系ファンド詐欺疑惑会社の広告塔をしていることが報じられた。嶋の事務所は真っ向から否定したものの、投資対象店舗は店名や商品名に嶋の“ツッパリ”のキャラクターを最大限前面に出しており、まさに嶋抜きでは考えられないファンドだった。各政党もしっかり“身体検査”をしているのか、まだ出馬する政党が決定していないようで、大々的に会見を開くことにより、自分に声をかけてくれる政党を探しているのではといわれている。芸能界引退を発表したとなると、それなりの覚悟はできているのだろう」(永田町関係者)


当時の記事を読む

小倉淳のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年5月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。