公務員ランナー・川内優輝のソックリ芸人に批判殺到! 市原隼人をマネした花香よしあきとの違いは?

公務員ランナー・川内優輝のソックリ芸人に批判殺到! 市原隼人をマネした花香よしあきとの違いは?

 公務員ランナーの川内優輝(埼玉県庁)が4日、春日部市主催のハーフマラソンにゲストランナーとして参加した。タイム非公表ながら、最後尾からスタートして5,755人を抜き、10人目でゴールした。

 だが、話題をかっさらったのは川内本人ではなく、川内のモノマネ芸人・M高史だった。「埼王県庁」と書いたユニホームを着て10キロの部に出場。多数の観客が本物と勘違いしてサインをねだるなど、現場は大混乱となった。

 M高史は駒大陸上部の元マネジャーで、1年半前に芸人に転身。売り出し中の「キンタロー。」らと都内の演芸場で芸を磨き、今年から川内のモノマネを始めた。

 「最近は、月に3本はゲストランナーの依頼が来ます。お辞儀が似ていると言われます」とホクホク顔だったが、川内本人は困惑気味。

 「公認? 僕は公務員なので商業活動に公認は与えられません」と拒否した上で、川内のドキュメンタリー番組が制作された場合、M高史が再現VTRで出演を狙っているという話を耳にし「芸人さんは生きていくために必死ですね」と不快感をあらわにした。

 完全なる売名行為に、大会主催者や一般市民も激怒。「れっきとした大会を売名の場にするな!」や「一生懸命やっている本人に失礼だ!」などとバッシングが相次ぎ、慌てたM高史は翌日「川内選手と間違えた方がけっこういらしてお騒がせし、大会関係者の皆様にご迷惑をおかけしてしまったこと、深くお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした」と謝罪した。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2013年5月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「井上芳雄」のニュース

次に読みたい関連記事「井上芳雄」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤浩市」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤浩市」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千葉雄大」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉雄大」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。