「必ずどこかで脱ぐ!」岡田准一、大森南朋、堤真一もトリコにした“新・魔性の女”蒼井優の超絶テク

「必ずどこかで脱ぐ!」岡田准一、大森南朋、堤真一もトリコにした“新・魔性の女”蒼井優の超絶テク

 女優の蒼井優と舞台俳優の鈴木浩介が、今年3月に破局していたことを、それぞれの公式ホームページで発表した。しかも別れの真相というのが、蒼井から2月下旬に「好きな人ができたから」とメールで一方的に通告してきただけ、というのだから恐れ入る。

 18日発売の「女性自身」(光文社)によれば、鈴木は蒼井との結婚を見越して“億ション”まで購入。破局した現在、鈴木のもとには毎月50万円のローンの支払いだけが残ったという。

大竹しのぶ松田聖子同様、男性遍歴は芸の肥やしと思っているのでしょう。古参の芸能評論家は『大女優の片鱗を見た』と絶賛していますが、今は時代が違う。鈴木の所属事務所は、舞台系ではかなりの影響力を持つところ。今後、彼女は舞台系の仕事はしづらくなるでしょうね」(週刊誌デスク)

 とはいえ、そこまで美人とは言えない蒼井は、なぜこうもモテるのか? 彼女を知る人物によると「ギャップとさりげない色気がハンパじゃないんです。私服はラフなストリートファッションって感じなんですが、下はキャミソール1枚だったりして、必ずどこかで脱ぐ(笑)。彼女のキメ細やかな肌を見て、グッとこない男性はいませんよ」と明かす。

 別の人物も「ツンデレの典型的タイプ。酔うと、男性にさりげなくボディタッチして甘えてくる。かといって、心を完全に開いているかといえばそうでもない。肝心なところで“拒否”するから、男はハマってしまう」と話す。

 岡田も大森も堤も、こうした蒼井の“魔性ぶり”にヤラれてしまったという。

「当の彼女自身は、メロメロになる男を、どこかアザ笑っている感じがある。今回も鈴木さんがハマリまくってしまった印象。あどけない顔して、恐ろしい女ですよ……」(某芸能マネジャー)

 “新・魔性の女”としてフィーチャーされまくりの蒼井だが、いずれ強烈なシッペ返しを食らうだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岡田准一 ひらパー兄さん
  2. 岡田准一 ドラマ
  3. 岡田准一 宮崎あおい
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2013年6月21日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岡田准一 + 映画」のおすすめ記事

「岡田准一 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「岡田准一 + 宮崎あおい」のおすすめ記事

「岡田准一 + 宮崎あおい」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「亀梨和也」のニュース

次に読みたい関連記事「亀梨和也」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。