「絵的に目立つけれど……」“ローラの父”問題で芸能界の外国人&ハーフタレントに苦境

「絵的に目立つけれど……」“ローラの父”問題で芸能界の外国人&ハーフタレントに苦境
拡大する(全1枚)

 ローラの父親が指名手配犯となったことが、意外な方向に飛び火。同じハーフや外国人のタレントたちに影響が出ているという。

 ローラの父、バングラディシュ人のジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者(52)は、海外での診断書を偽装して海外療養費を騙し取る国民健康保険の不正受給詐欺で国際指名手配されている。この手法はジュリップ容疑者のみならず日本に出入りする外国人たちの間でも「カネになる」と悪用が急増していたものだ。

 入国管理局の関係者によると「現在、同様の詐欺行為に関わる人脈を、警察と協力して一斉調査しているところ」というが、そこで槍玉に上がっているのが、なんと外国人が親族にいるモデルたちだという。

「芸能人としての来日は、他と比べてビザが取れやすく、タレント本人でなくとも親族として取材を受けるとして同様のビザを取ることも多く、ひどいタレントになると従兄弟や親戚だといって数十人が虚偽の申請で来日していたりするんです。タレント本人が直接関わっていなくても、芸能人の親族として名前を勝手に悪用されたることもある」(同)

 こうした動きには一部の芸能プロダクションも自ら「所属タレントの身辺は大丈夫なのか」と身体検査のようなことが始まっている、と芸能記者。最近はベッキーはじめ、水沢アリートリンドル玲奈ダレノガレ明美など、テレビ番組にハーフや外国人タレントを見ない日はない状況で「明らかに以前より増えている」と同記者は明かす。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク