佐村河内守氏の“ゴーストライター”新垣隆氏に、ゲーム業界からラブコール「ぜひ新作を!」

佐村河内守氏の“ゴーストライター”新垣隆氏に、ゲーム業界からラブコール「ぜひ新作を!」
拡大する(全1枚)

 作曲家として知られていた佐村河内守氏の“ゴーストライター”として、実際に作曲を行っていた新垣隆氏に、ゲーム業界から「新作の音楽を担当してほしい」という、ラブコールが上がっている。

 新垣氏はクラシック音楽の分野では知る人ぞ知る作曲家だったが、ゲーム音楽を手がけたことは意外に知られていない。2001年にヒットしたゲーム『鬼武者』では、制作チームの一員として活躍。表舞台でその名前が知られることはなかったが、関係者間の評価は高かった。それを知っているゲームプロデューサーが「このまま業界から消えるのはもったいない」と、仕事を依頼したい意向であるという。

 皮肉にも今回の騒動で、新垣氏の作曲したものが収録されているアルバムは需要が急増。佐村河内氏の偽った経歴には批判が集まっているものの、これまで発表された曲自体は、専門家たちからも「かなり熟練されている」と評価する声が上がっており「我々はスキャンダルな騒動よりも、新垣氏の実力にこそ目が行く」と前出プロデューサー。

「私以外にも、ゲームメーカーで新垣氏とコンタクトを取りたがっている人はたくさんいます。こういう話があると、話題作りのために彼を起用したいように聞こえるかもしれませんが、作曲家として堂々と活躍できる方を見捨てられない」(同)

 ただ、新垣氏は現在、姿をくらましている状態。桐朋学園大学の非常勤講師だったが、騒動を受けて退職を申し出ていた。大学側もこれに「新垣隆氏の私的な行為とはいえ、本学と致しましても誠に遺憾であり、今後、経緯や事実関係などを詳しく調査したうえで、厳正に対処いたします」と処分を科す方向でいたが、生徒たちから温情を求める声が相次ぎ、「現在は、退職自体が白紙の状態」(大学関係者)という。


当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。