「評論家としての年収は600万……」清原和博氏の“没落”に見る、プロ野球界の大不況時代

「評論家としての年収は600万……」清原和博氏の“没落”に見る、プロ野球界の大不況時代
拡大する(全1枚)

 先週、突如離婚を発表した元プロ野球選手の清原和博氏。度重なる不倫が原因で離婚が避けられず、さらに今後、薬物使用疑惑で逮捕される可能性も報じられるなど、まったくもって予断を許さない状況だが、球界関係者の間では清原氏にまつわる「600万円報道」に驚愕の声が上がっている。

 人気、実力、知名度、どれを取っても文句なしのスーパースターだった清原氏。

「現役時代は基本、銀行の預金通帳はほとんど見てないはず。そもそも、そんなことをしなくても監督賞やインタビュー取材のギャラなど、現金手渡しという形での収入が年間で数百万円はあった。もっとも、その時に癖がついてしまった銀座遊びが抜けきれず、家庭を壊してしまった側面もあるのです」(球界関係者)

 だが、今回の報道で球界関係者が注目したのは、離婚理由や彼の今後についてだけではなかった。

「一部で、野球評論家としての収入が年間600万円ほどしかないという報道が出たからです。かつて、スポーツ紙の評論家となれば基本的には年間契約料として1,000万円、さらに移動費や食事代、ホテル代も全額メディア側が負担するのが当然でした。ですが、昨今の不況で、テレビ局の中継は激減。スポーツ紙の評論契約料も徐々に減ってきた。関係者の間では『アイツが600万円だけじゃ生活できないやろ!』というのと、彼ほどのランクのOBでも『その程度の金額まで下がってしまったのか……』という危機感と、双方の戸惑いがあったようです。もっとも、最近現役を辞めた中堅OBは、スポーツ紙の評論を年間200万円で契約を提示され、あまりの低さに断って、1本ずつの契約にし、フリーで仕事を受けられるようにしたほど。球界を取り巻く環境は、かなり厳しいと見ていいでしょうね」(同)

 現役のスター選手たちも、引退後の生活には苦労しそうだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「不倫」に関する記事

「不倫」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「不倫」の記事

次に読みたい「不倫」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク