月3,000人以上を動員する「K-PRO」児島気奈代表に聞いた、お笑いライブシーンの今

月3,000人以上を動員する「K-PRO」児島気奈代表に聞いた、お笑いライブシーンの今

 これだけお笑いの人気が高まっている現代でも、多くの人にとってなじみがないのが、お笑いライブの世界。東京では毎日複数のライブハウスや劇場でお笑いライブが行われている。その規模や内容はさまざまで、誰もが名前を知っている有名芸人からデビューしたばかりの新人まで、幅広い層の芸人がライブには出演している。

 そんなお笑いライブシーンで最近、何かと話題になっているのが、お笑いライブ制作集団「K-PRO」。毎月30~40本ものお笑いライブの制作を手がけており、ひと月に延べ3,000人以上を動員している。芸人やファンからの信頼も厚く、東京のお笑いライブシーンでK-PROを知らない人はいない。そんなK-PROの代表を務める児島気奈さんにインタビューを敢行。お笑いライブ一筋を貫く、その生き様に迫ります。

――昔からお笑い好きだったんですか?

児島気奈(以下、児島) そうですね、子どもの頃からお笑い番組がすごく好きで。学校から帰ってきたら、すぐテレビを見るっていう感じの子でした。初めは志村けんさん、とんねるずさん、ウッチャンナンチャンさん、ダウンタウンさんとかが好きでしたね。

 もともと、うちの父親がすごくお笑い好きだったんです。学生時代にラジオ番組に投稿もしていたらしくて。高田純次さんのラジオをよく聴いていたそうです。あと、家にはコント55号さんの昔のテレビ番組を録っているビデオテープなどがあって、それを見たりしていました。父親の影響は結構大きいですね。

――当時、一番好きだった芸人さんは?

児島 一番初めに好きだなと思ったのは上岡龍太郎さんですね。ああいう「話のプロ」みたいな人が、すごく格好良く映っていて。ああいうしゃべり方ができたらいいなあ、と強い憧れみたいなのはありました。

 手の芸人さんに興味を持ったのは、中学、高校の頃の『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)ですね。ただ、当時はまだお笑いライブというものがあるということは知らなかったので、テレビで見るだけでした。

――確かに、昔はお笑いライブの情報って、なかなか手に入らなかったですよね。

児島 そうですね、インターネットもなかったので。自分でお笑いの雑誌を見て、そこの文通相手募集ページで地方のお笑い好きな子と友だちになって、地方の番組のビデオテープを送ってもらったりしていました。そういう中で、文通で知り合った人に「お笑いライブを手伝ってみない?」って誘われたんです。生で芸人さんに会えるらしいよ、みたいなことで。

――じゃあ、裏方としてお笑いライブを手伝う前には、ご自分でライブを見に行ったことはなかったんですね。

児島 なかったです。一番初めに手伝いで行ったのが、なかの芸能小劇場でやっていた落語家さんやインディーズの芸人さんが出ているインディーズライブだったんですけど。そこに行ったら、『ボキャブラ』とかに出ている芸能人に会えるのかなと思っていたら会えなくて、ちょっとガッカリしたりして。

 そこで、会えないんだったら来た意味がないなあと思って、ちょっとライブの手伝いをサボっていたら、出演者の落語家さんが来て、「お前、何やってんだ!」って怒られたんです。そこで、自分の全然知らない芸人さんがライブに出ていて、その人たちに怒られるのは納得いかないなあ、と思って(笑)。それがすごく悔しくて、いつかこの人たちを使う側になってやろうと。

――その後も、お笑いライブ制作の手伝いは続けていたんですね。

児島 そうです。それを始めたのが高校3年のときですね。その後、ずーっとボランティアスタッフとして、いろいろな主催者のライブや舞台に「手伝わせてください」って飛び込みで行ったりしてました。

――そのときには、いずれ自分でライブを主催したいと思っていたんですか?

児島 主催したいとは思っていました。ただ、手伝っているうちに、ライブとしてしっかりできていないところとか、ダメな主催者っていうのも見てきて。ここをこうした方がいいんじゃないかな、私だったらこうするのにな、ってだんだん思うようになってきたんですよね。

――ちなみに、児島さん自身が芸人として活動していたこともあったそうですね。

児島 それも高3ぐらいのときですね。やっぱり、いずれ主催をするのであれば、自分でも舞台に立って、スベるとかウケるの感覚とか、芸人さんと同じ気持ちを経験したほうがいいなと思って。自分でネタ書いて、これじゃダメだなって思いながら。芸人としては、すごいつまんなかったと思います(笑)。

 最初は自分を誘ってくれた女の子とコンビを組んだり、別の男の子とトリオを組んだりしながら。その後、急に2人がいなくなってピンでやったりもしていました。あと、MCのアシスタントをやったり、アルバイトついでに、ちょっとしたキャラクターのイベントショーで司会進行をやったり。そうやって3~4年ぐらいは自分でも舞台に立つ機会がありました。

 芸人さんがどういう舞台だったら一番テンションが上がるかとか、お客さんの少ないライブではどうしても本気が出せないとか、そういう気持ちもなんとなく分かるようになったので、それは自分で経験しておいてよかったなと思います。

――お笑いライブの主催を始めたのはいつですか?

児島 2003年ぐらいから、月1ぐらいのペースで自分を中心に人を集めてやるライブみたいなのはちょこちょこやっていたんですけど、「K-PRO」と名乗って自分が主催者として活動を始めたのは2004年からですね。

――最初から、お客さんはたくさん入っていたんでしょうか?

児島 一番初めは入りましたね。新宿Fu-(新宿永谷ホール)に、100人くらいギューギューに入って。それはたぶん、そのとき出ていただいた芸人さんの力と、ご祝儀的な意味で1回目だから見に来ようという友だちが多かったからだと思います。ただ、そこで満足しちゃって、次にチラシ配ったりといった努力を何もしなかったら、2回目には30人くらいしか入らなかったんです。やっぱり30人だと、会場がスカスカに見えちゃって。

 そのとき出てもらった芸人さんに「僕らはお客さん少なくても、ちゃんとやりますよ」って、たぶんいい意味で言ってもらったんですけど、自分ではそれがすごく悔しくて。こんな恥ずかしい舞台に芸人さんを立たせちゃダメだな、って思って。次からはきちんと告知に力を入れて、がんばるようになりました。

――お笑いライブにお金を払って来てもらうというのは、なかなか大変なことですよね。

児島 私が手伝っていた先輩の主催者さんも、よく言っていたんです。「お客さんに時間とお金と足を使わせてライブは成り立っている。その3つを動かすのが一番難しいんだぞ」って。意識はしているつもりだったんですけど、どうしてもサボりの気持ちが出ちゃうので。それはいまだに毎日考えていて、忘れないようにしてます。

――現在、K-PROのライブはどれも連日満員ですごく盛り上がっているように見えます。そういう状況になったのは、どうしてだと思いますか?

児島 まず、一回来てくれたお客さんには、もう一回足を運んでもらうような工夫をする、っていうことですね。あと、2010年頃にネタ番組ブームが終わって、ライブも少なくなって、なかなか芸人さんのネタを見る機会がなくなっていったんです。そこで一番助かったのが、芸人さんに口コミしてもらえたことです。

 私自身もあとから聞いたんですけど、ライブ後にお客さんが芸人さんに話しかけたりしたときに、芸人さんが「K-PROのライブは面白いから、見に行ったほうがいいよ」って言ってくれたらしいんです。

 そこでお客さんがK-PROを覚えてくれて、足を運んでくれたっていうのがあって。ブームが終わり、ライブに来るお客さんの絶対数がどんどん少なくなっている時期に、そのおかげでなんとか助かったと思っています。

――確かに、私の実感としても、その頃からお笑い業界界隈で「K-PRO」という名前を今まで以上にあちこちで聞くようになった気がします。

児島 K-PROのライブで勝ったら価値が出るとか、そこで結果を残したいとか、芸人さんから言ってくれたりするようになったんです。こっちは出てもらっている側なので、そういうのは本当にありがたいですね。

――お笑いライブを主催しているところはほかにもたくさんありますが、その中でK-PROはここだけは負けていない、という強みはありますか?

児島 一番の強みは「楽屋の雰囲気がいい」っていうことですね。芸人さんのコンディションがいい状態で舞台に出ているから、より面白くなっているし、より会場が一体になっているんじゃないかなと。そこはすごく気を使っていますね。ライブ自体の運営は、音響さん、照明さんなどほかのスタッフに任せられるんですけど、楽屋の雰囲気を作るのは一番の私の仕事だと思っています。

――具体的には、どういうことをしているんですか?

児島 とにかく芸人さんの情報をいっぱい仕入れておいて、「あの番組出てたの見たよ」って話しかけたり。疲れてそうな芸人さんがいたら、「疲れてる?」って声かけたり。あと、その日の顔色や様子を見て、当日のMCやトークコーナーに出てもらう人を決めたりしています。この人は今日調子悪そうだなと思ったら、出番直前でも変えたりします。

――すごいですね! それを判断しているのは、児島さんの長年の「勘」ということですよね。

児島 そうですね。あと、ちょっと話しかけたりしたときの返しのタイミングが遅かったりすると、ああ、この人調子悪いのかな、とか。そういうのがだんだん分かるようになってきました。

――ライブに出る人は、どうやって選んでいるんですか?

児島 自分の目で見る、っていうことですね。自分で見て面白いなあと思った芸人さんに出てもらうっていうのが一番。ただ、やっぱり芸人さんの数も多いので、情報を得るためには、お客様からのアンケートを見たり、ほかの芸人さんから話を聞いたりもします。それを踏まえて、最後には自分で見て決めるようにしていますね。いまだにお休みの日にはライブを見に行ってます。月6~7本は見てますね。

――K-PROでは月に数十本もライブをやっていますが、その中で、お笑いライブを初めて見るという人にお勧めはありますか?

児島 最初は、大きいライブに足を運んでもらうのがいいかなと思います。うちで言うと「行列の先頭」っていう、一番大きいメインのライブが半年に1回ぐらいあるので、それに来てもらうと入りやすいかなと思います。いろいろな芸人さんが出ていて、テレビで見たことがあるような有名な人もいるので。そこからスタートして、小規模なライブにもどんどん来てもらえるといいかなと。

 多くの人に見てもらえるという点では、ライブがテレビに負けている部分があるのは分かるんですけど、面白さでは負けてないような気がしていて。お客さんに足を運んでもらっているという意味では、ライブのほうがすごくエネルギーが要るとは思うので、ライブも負けてはいないぞ、って。もっと多くの人にお笑いライブの面白さを知ってもらいたいですね。
(取材・文=ラリー遠田)

●こじま・きな
1982年、東京生まれ。お笑いライブ制作集団「K-PRO」代表。月30~40本のお笑いライブ・イベントの制作・プロデュースを行う。

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。