“創価学会婚”高橋ジョージ&三船美佳の離婚に衝撃走るも、業界では有名だった!?「突然、楽屋が別々に」
拡大する(全1枚)

 女優の三船美佳(32)が、夫でTHE虎舞竜のボーカル・高橋ジョージ(56)に、離婚を求めて提訴したことが15日、分かった。

 2人は1998年、三船の16歳の誕生日に結婚。24歳差婚が話題になったほか、共に創価学会員で公明党支持を表明していることから、同じ信仰を持つ“おしどり夫婦”としても知られていた。

 しかし、おととし末頃、三船は自宅に高橋を残し、母親と長女と共に大阪のウィークリーマンションへ転居。別居後、離婚調停に入ったが、高橋が「やり直したい」と訴え続けたため、決裂。離婚訴訟へともつれ込んだ。

 現在、ネット上では「これはびっくり」「円満だと思ってたから、意外」「ノーマークだったから、驚いた」「信仰が同じでも、仲悪くなるんだ」という驚きの反応のほか、「最近、一緒にテレビに出てなかったから、そんな気がしてた」という声も。同様に、2人の不協和音に気付いていた業界関係者は、大勢いたという。

「業界内では、2人そろってのテレビ出演が減り始めた2012年頃から、不仲がウワサに。さらに、同年の年末特番の収録で、ついに2人の楽屋が別々になり、そこから急速に夫婦共演がなくなっていったため、離婚危機がささやかれていました」(テレビ関係者)

 別居直後の2014年1月2日に放送された生活情報番組『住人十色 お正月SP 闘う家2014』(毎日放送)で、三船と高橋は新築の自宅を公開。豪邸には、父・三船敏郎の作品を鑑賞するためのプロジェクターが設置された多目的ホールや、高橋の録音スタジオが完備されていた。

「豪邸完成から間もなく別居したため、ここでの夫婦生活はほとんどなかったとか。現在は、高橋が自宅兼仕事場として、1人寂しく暮らしているようですね」(芸能記者)

 2人の“ロード”は、16年で最終章を迎えそうだ。