平成ノブシコブシ・吉村崇、2,000万円の高級外車購入に見る“芸人とクルマ”の経済学
拡大する(全1枚)

 11日放送のバラエティ番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で、MCの有吉弘行が明かしたところによると、お笑いコンビ平成ノブシコブシ吉村崇が、昨年11月に注文した高級車が来月にも納車されそうだという。

 この高級車は約2,000万円もする、BMWの最新型ハイブリッド車「i8」。吉村は昨年11月放送のバラエティ番組『ざっくりハイタッチ』(テレビ東京系)で、自身の月収が170万円あり、この高級車を注文したことを告白し、話題を呼んでいた。

「月収が170万円ということは、年収ベースだと約2,000万円。ローンとはいえ、自分の年収と同額のクルマを買うというのは、明らかに分不相応。もっとも“破天荒キャラ”が売りの吉村ですから、これもネタの1つなんでしょう。共演のマツコ・デラックスも『すげぇなアイツ、ホント』と驚いていましたからね(笑)」(芸能ライター)

 芸能人にとってクルマはわかりやすいステータスだけあって、芸人の愛車の多くが高級外車。

「クルマ好きで知られるビートたけしは、フェラーリやランボルギーニ、ポルシェ、ベンツ、ロールスロイスなど、数多くの高級外車を所有。年収が20億円近くあるとウワサされるたけしだけに、どれも2,000~5,000万円はします。最近は、約2億円もするブガッティ・ヴェイロンを買ったそう。さすがは“世界のキタノ”です」(同)

 たけしといえば、『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)で毎年のように明石家さんまの愛車を“破壊”してきたが、そのさんまの愛車はベンツのゲレンデヴァーゲンやシボレーのエルカミーノ、クライスラーのプリムス・バラクーダといった具合。

「芸人は、バラエティ番組などで愛車を披露する機会が多い。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)では、芸人が“買うシリーズ”でクルマを買わされていますよね。バナナマン日村勇紀が約1,600万円もするポルシェカレラ911GTS、タカアンドトシのタカが約550万円のポルシェカイエンSをそれぞれ購入しています」(同)

 芸人の多くは売れてからクルマに凝るケースが多いが、おぎやはぎの2人は生粋のクルマ好きとして知られる。『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』(BS日テレ)という番組を持っているほど。

「彼らは芸人になる前にサラリーマンだったので、蓄えがあったためか、売れない頃から外車でオーディション会場に乗りつけて、ライバルたちの注目を集めていたそうです。2人とも若い頃から多くの外車を乗り継いできたようですが、現在の愛車は矢作がポルシェ911カレラ4とランドローバー・レンジローバーイヴォーク、小木がアルファロメオ・ジュリア、ランドローバー・レンジローバーイヴォークと、やはり高級外車。そういえば、番組内でも矢作が580万円のロールスロイス、小木が250万円のロシア車ラーダ・ニーヴァをガチで購入していましたね。単に高級車ばかり狙うのではなく、クルマ好きならではのセンスの良さが感じられますね」(同)

 こうして見ると、たけしはともかく、吉村の愛車が2,000万円というのは、他の芸人の愛車と比べても突出している。“破天荒キャラ”の看板に偽りナシといったところか。