センバツ優勝の敦賀気比高に“プロアマ規定”抵触騒動「東出が直接指導」も高野連が黙殺か

センバツ優勝の敦賀気比高に“プロアマ規定”抵触騒動「東出が直接指導」も高野連が黙殺か

 第87回選抜高校野球大会で、2年ぶり6回目出場の敦賀気比(福井)が東海大四(北海道)に3-1で競り勝ち、春夏通じて初優勝を果たした。背番号「17」の松本哲幣外野手が準決勝で史上初の2打席連続満塁弾、決勝では勝ち越し2ラン。一躍シンデレラボーイになった。

 北陸勢としても春夏通じて初優勝。その偉業は、実は表沙汰にはならなかった“プロアマ規定抵触騒動”を乗り越えてつかんだという。

「2~3年ほど前に、敦賀気比OBで現プロ野球・広島の東出輝裕が母校野球部グラウンドを訪れたそうです。その際、内野手2~3人に、守備の技術指導をしたそう。ゴロに対する1歩目のスタートを切る心構え、グラブの差し出し方など、熱心に教えたみたい。指導を受けたナインも『わかりやすかった!』などと喜んでいたよう。でもこれは、プロアマ規定に完全に抵触します」(高校球界関係者)

 プロアマ規定では、プロ野球選手が高校野球部員などのアマチュア選手に直接指導することを禁じている。ただ、この規則自体、野球ファンから大ブーイングを浴び続けている。米・レンジャーズのダルビッシュ有投手は、2012年7月14日の自身のツイッターで「これには色々問題があり簡単ではないだろうけど、プロアマ双方が本当に日本の野球を考えるなら撤廃すべきでしょう。プロが中高生にどこでも教える事ができたらアマの技術が凄く伸びる」とコメント。野球ファンの胸中を代弁した。

 現在は、かつて断絶していたプロ・アマ双方が歩み寄り、雪解けの気配を見せている。ただ、件の東出の技術指導がルール違反であることに変わりない。

 同校野球部関係者も「それは……そうですが……」と歯切れ悪く、プロアマ規定の抵触を認めている。

福井県高野連もこの事実を把握し、一時は実態調査に動くか検討していたそうですが、結局は地元の期待を背負う学校だけに黙殺というかたちで落ち着いたみたいです。この事実をつかんでいたスポーツ記者もいましたが、告発すると今後、広島カープへの取材もしにくくなるということで、闇に葬ったようです」(前出の高校球界関係者)

 広島の名手・東出を招いたのは、他ならぬ、敦賀気比の東哲平監督だったという。

 この2人は同校野球日の同期。俊足巧打の1番・東出が出塁して、強打の4番・東が返す強力打線で、1998年のセンバツはベスト16入りしていた。

 東監督は母校の指揮官に2011年秋に就任。13年センバツと昨夏の甲子園でベスト4進出に導き、目覚しい復活を遂げていた。

「“野球弱小エリアの北陸で見返したい”“もう一度母校を強くしたい”との思いで必死だったそうです。その一環で、同期の東出を呼んだみたい。東出もその時、故障していたそうで“満足に練習できないなら後輩に教えたい”と思ったのでしょう」(地元福井のテレビ関係者)

 せっかく甲子園の舞台で勝てるようになっても、いつかこの疑惑で世間を騒がせてしまう。何より部員に迷惑をかける――東監督はそう思っていたのではないか。

「東監督はその後はOBは呼ばず、愚直にトレーニングに励んだそうです。東出に直接指導を受けた部員たちはもう卒業しているようですから」(同)

 しかし、北陸勢に初めて優勝旗をもたらした若き指揮官の“すねの傷”は、今後も消えることはないだろう。

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2015年4月3日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。