総連トップ次男ら逮捕のマツタケ不正輸入事件 「北朝鮮特産物」のスゴい効能とは――

総連トップ次男ら逮捕のマツタケ不正輸入事件 「北朝鮮特産物」のスゴい効能とは――

 北朝鮮産の生マツタケの不正輸入事件で、京都府警と神奈川、島根、山口県警の合同捜査本部は5月12日、外国為替・外国貿易法違反(無承認輸入)容疑で朝鮮総連トップ、許宗萬(ホ・ジョンマン)議長の次男、許政道(ジョンド)容疑者(50)ら3人を逮捕した。3人は総連傘下の貿易会社「朝鮮特産物販売」(朝特)に深く関係していたとされる。朝特の巧妙なマツタケの入手ルートや、意外な過去が取材で明らかになった。

<画像はこちらから>

 朝特は、総連傘下の総合貿易商社の一つとして1969年に設立。90年代の総連機関誌には朝特のデカい広告が頻繁に掲載されており、「マツタケ等各種キノコ類」「穀物類」「生糸」「医薬品及び各種薬草類」など取扱商品は多岐にわたる。また、別の広告には「開城産高麗人参」とあるが、当時、マツタケと朝鮮人参は北朝鮮の2大輸出産品として扱われていた。

 さらに、朝特と同じビルにある総連傘下の企業の広告には高麗人参について、「不老長寿の万能薬」と、7つの効能を主張。具体的には……

1、老化防止と体力増強 
2、貧血、低血圧、心臓衰弱を治す
3、ノイローゼ、自律神経失調の改善
4、かさかさ肌を潤し、糖尿病の改善
5、胃腸炎、下痢、便秘、食欲不振の改善
6、皮膚炎、化膿性腫瘍、肌荒れの治療
7、肺結核やぜんそくの治療

というもの。取りとめもなく効能書きがズラリと並んでいるが、今から10年以上も前の広告といえ、薬事法上大丈夫だったのだろうか……。また「金丸さんも驚嘆!」と金丸信元自民党副総裁と金日成主席との対談をキャッチコピーにしているが、2人ともわりと長生きはしたが、故人ゆえ、今となっては「不老長寿」という説得力は乏しい。

 日朝間に国交はないものの、朝特は平壌のホテルに支店を持ち、日本と積極的な貿易を繰り広げていた。だが、日本政府は2006年10月から独自の制裁として全面禁輸を実施。結果、朝特幹部らは生マツタケを「中国産」と偽り、輸入を始める。

「中国の税関対策なのかもしれないが、北朝鮮からは陸路国境で中国に運び出していた。瀋陽や遠くはハルピンまでマツタケを出した後、上海へ集めて関空に空輸していた」(捜査関係者)

 制裁後、朝特の動きは鈍かったというが、今回の捜査で一網打尽にされた形だ。貴重な外貨獲得の手段が失われた北朝鮮は、どう反応してくるのだろうか?
(文・写真=金正太郎)

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2015年5月13日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「監禁」のニュース

次に読みたい関連記事「監禁」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら