北斗晶が、“ママ友”三船美佳の離婚原因に言及「高橋ジョージは旦那ではなく“お父さん”だった……」

北斗晶が、“ママ友”三船美佳の離婚原因に言及「高橋ジョージは旦那ではなく“お父さん”だった……」
拡大する(全1枚)

 三船美佳高橋ジョージの離婚原因について、2人をよく知るタレントの北斗晶が「(高橋は)旦那というより、お父さんのようだった」と語った。

 12日放送の『解決!ナイナイアンサー 人気ハーフ芸能人!秘密とホンネ連発2時間SP』(日本テレビ系)で、長年にわたり家族ぐるみの付き合いをしてきたという三船と北斗が共演。両家族は、毎年のように一緒に旅行へ出かける仲だったが、ある時期から三船が家族旅行の話題をはぐらかすようになったため、北斗も異変に気づき始めたという。

 さらに、北斗は、一昨年の秋口に三船から相談を持ちかけられたことを明かし、その詳しい内容は伏せたものの、三船と高橋の関係について「(高橋は、三船の)旦那さんというよりは、お父さんのようだった。いつの間にか三船美佳のお父さんで、レンたん(三船の娘の愛称)のおじいちゃんになってた」と語り、離婚の原因を示唆した。

 また、別居後、娘と大阪で暮らしている三船は「ものすごい笑ってすごしている。感動の涙がすごい増えた」と近況を明かし、「ジョージさんにも幸せなスタートを切ってほしい。すべてが丸く収まってほしい。これ以上、(離婚問題が)大きくなって、長引いてしまうと、子どものためにもよくないし、そこは親同士でちゃんと……」と涙をみせた。

「突然、三船と高橋の楽屋が別々になり、関係者の間で不仲説がささやかれ始めたのが、2012年冬頃。北斗に相談した13年秋口といえば、すでに夫婦そろってのテレビ出演がなくなってから半年以上が過ぎた頃です。それまでの長い間、三船は夫婦問題をごく近しい関係者にしか打ち明けておらず、精神的に相当参っていたようです。現在、“離婚騒動バブル”で仕事が急増している三船ですが、この騒動を機にむしろ好感度が上がった感も。今回も涙を見せたことで、ネット上では同情や励ましの声が相次いでいます」(芸能記者)

 “ママ友”である北斗を前に、「問題を長引かせたくない」と涙ながらに訴えた三船。だが、裁判の争点が“夫のモラハラ”なだけに、和解でもしない限り、泥沼化は避けられなさそうだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

北斗晶のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「北斗晶」に関する記事

「北斗晶」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北斗晶」の記事

次に読みたい「北斗晶」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク